不動産投資が不安ですか?




ビジネス、こと不動産投資で成功するために
必須のマインド条件として


1. 人の話を素直に聞くこと
2. 素早く決断し、行動すること
3. あきらめないこと

というポイントをお伝えしています。


昨日は「人の話を聞くこと」をテーマに
逆に「人の話を素直に聞けない」のは
どういうケースか

についてお話ししました。


今日は二番目の
「素早く決断し、行動すること」
ができない


「判断できない、行動できない理由」
について考えてみます。


収益物件を紹介された時、
瞬時に判断できないのは


「自分の目標が明確になっていないから」


に他なりません。


その手前で、
「判断基準を持ってない、わからない」
というのもあります。


一つの物件が
Aさんにとっては素晴らしい物件でも
Bさんにとっては何の価値もない


ということがよくあります。
どんな物件を買うべきかは、


その人の属性や目標・目的によって
大きく変わってくるからです。


まずは自分が
いつまでに、いくらのキャッシュフローを
必要とするのか


それはなぜなのか


といったことをよく整理し、
自分の中で納得しておく必要があります。


そうすれば自ずと基準ができてきて
いろんな物件を紹介されても
基準に照らし合わせて判断すれば良いのです。


数値の基準としては
返済比率
キャッシュフロー比率
1億円あたりのキャッシュフロー実額

の3つ。


コツは、物件ごとに基準を変えないことです。
収益物件は、2つとして同じものはないので
判断基準をバラバラにすると


どの物件にもメリット・デメリットがあって
その度に迷い、
永遠に決めることができなくなります。



次に、「行動できない理由」ですが、
これは、「言い訳」と「不安」が主な原因です。


判断するのが怖いから
行動する勇気がないから


自分以外の理由を見つけて
やらない理由を探します。


忙しい、時間がない、
○○をやってからにしたい、
もっと他にいいものがあるんじゃないか


これらは全て、
優先順位が1番ではないから
思い浮かぶのです。


全ての出会いとチャンスは
「その場限り」
というくらいの認識が大事です。


「自信がない」なんて誰でも同じ。


最初から絶対に大丈夫
などという投資は存在しません。


覚悟をもって
あとは経営努力で何とかする
くらいの気持ちがないとダメです。


不安があるのもごもっともで
不安を感じるのは
まずは素晴らしいことです。


安易に進めてしまうよりは
ずっとマシです。


しかし、不安を不安のまま放置せず
不安は疑問に変え
疑問は質問に変えて


わかっている人に聞くか
自分で調べながら突き進むのです。


成功者のほぼ全てが
そのようにしています。


不動産投資の真髄は
所有してから勝負です。


物件を買わなければ
何も始まりません。


一瞬のチャンスをものにするために
日頃から目標を明確にして


即判断・行動できる要素を
自分の中に確保しておくのです。



*******************
前号のブログ
成功が遠のく条件とは?
*******************






毎月1回、有益な情報を提供し続ける
「不動産投資プラチナ講座」
詳しくはこちら。







桜木大洋の

「不動産投資成功マインド養成バイブル PDF版・46ページ」

「51日間で不動産投資のすべてがわかる動画講座」

今なら無料プレゼント中!
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
桜木不動産投資アカデミー