100万円の預金と不動産投資




先日の日経新聞に
「預金ついに1,000兆円」
という見出しの記事が載っていました。

銀行や信用金庫などの預金残高は
2017年3月末時点で
過去最高の1,035兆円になったそうです。


日銀のマイナス金利政策で
金利はほぼゼロにも関わらず

中高年が虎の子の退職金や年金を
預け続けている、ということです。


メガバンクの普通預金の金利は
0.001%。

100万円預けても
もらえるのは1年でたったの10円。

時間外手数料を1回でも払えば
元本割れしてしまいます。


預かる側の銀行も、
特に預金を集めているわけではないのに
と苦笑しているそうです。

本来の健全な銀行経営は
預金残高よりも貸出金の方が多い方が
理想なのだそうですが

今は圧倒的に預金残高の方が多く
運用できる以上の資金が
集まってしまっているわけです。


新聞の記事によれば
このように預金が余っていると

日銀のマイナス金利政策のあおりで、
やがては預金者にもそのマイナス金利分を
負担させることになるかもしれない

とのことです。

すでに欧州や、
日本でも信託銀行などは

一部の預金に対して
手数料を求めるケースが出てきました。

預金ばかりが増える、というのは
単に利息がつかないだけでなく

投資にお金が回らないために
経済が活性化しない
ことにつながります。


こんなことは誰でも分かっている
至極当然のことなのですが、

それでも日本人はなぜ
得たお金を投資に回さず

預金しておこう、とばかり
考えるのでしょうか。

将来の備え

のためにすべきは
蓄えの全てを預金することなのでしょうか。


預金ではなおさらお金を増やすことはできず
少しずつ元本割れするリスクさえあるのに。


投資はギャンブル
投資はリスクが高い
投資は破産する

というイメージが植え付けられているからでしょうか


そういうのもきっと
不安を煽る記事と
きちんとした教育が行われていない

もしくは忙しすぎて
情報を得る時間すらない

ということが原因なのかもしれません。


かつて「金持ち父さん貧乏父さん」を
読んだ人はたくさんいるし


それをきっかけに不動産投資を始めた人も
いっぱいいます。


それでも不動産投資は
まだまだ危ないイメージが染み付いていたり

難しいといって
あきらめる人が後を絶ちません。


なんて中途半端な状況なのでしょう。


不動産投資のノウハウは確立され
誰でも、ある程度の規模までは
少ないリスクで資産構築できるはずなのに。

株や他の投資案件に比べれば
はるかに安全・安定した投資手法なのに。


自らのチャンスに
あえて目をつぶってしまう人
背中を向けてしまう人が

本当に多くて
とても残念です。


もはや会社に頼っていても
何も安心なことはないはずなので

早くそのことに気づき
行動を起こせるようになるといいですね。


そんなきっかけを持ってもらいたくて
私はプラチナ講座を開催しています。






*******************
前号のブログ
働く想いと不動産投資
*******************






毎月1回、有益な情報を提供し続ける
「不動産投資プラチナ講座」
詳しくはこちら。







桜木大洋の

「不動産投資成功マインド養成バイブル PDF版・46ページ」

「51日間で不動産投資のすべてがわかる動画講座」

今なら無料プレゼント中!
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
桜木不動産投資アカデミー