自分の限界と不動産投資






これから不動産投資を始めようとする時


いきなり高額の融資を受けるのは
怖いから


まずは数百万円、
せめて1千万円くらいの物件から
はじめてみよう


と考える人がいます。


しかし、
もしも不動産投資をする目的が


今は手元資金がないけれど
ゆくゆくは規模を拡大して


ゆとりある生活ができるくらいの
キャッシュフローを得たい


ということにあるならば、


できるだけ早い時期に
できるだけ大きな金額の融資を引いて


キャッシュを厚くする方が良いです。


もしも最初に
資産価値の低いワンルームマンション
などを

フルローン、オーバーローンで
購入してしまうと


キャッシュは貯まらず
次の物件を購入する際にも
融資の足かせになり


目指す規模に拡大できないまま
ひらすら返済だけをしていく
投資スタイルになってしまいます。


これではいつまで経っても
ゆとりある資金を確保することが
できません。


もしも自己資金がないのなら
できるだけ早く
キャッシュを貯める必要があり


そのためには
できる限り大きな規模の
物件を購入して行った方が良いのです。


「できる限り」というのは
その人の属性、つまり


・年収
・勤務先
・自己資金

によって大きく変わります。


ですので、
まずは自分がどのくらいの融資が
受けられそうなのか、


いろんな不動産会社の担当者に
ヒアリングして
当たりをつけておくと良いです。


だからと言って
「自分はこの融資額が上限」
と決めつける必要はありませんが


大体の目安をつけておくと
その後の物件選びがスムーズになります。


そして、可能な限り高額の融資をひき
できるだけ早く
多くのキャッシュフローを得ることが先決です。


ある程度のキャッシュがあれば
次の物件を購入する際に


頭金や預け替えの原資になり
次の融資をひきやすくなるし、


戸建てなど小規模の物件を
現金で購入する選択肢も見えてきます。


現金で購入した
負債のない物件は
次の融資を受けるときに


担保にすることができて
銀行評価の足りない金額部分を
補填することも可能です。


また、最初に購入する物件の
金額が小さいからと言って


リスクも小さいのかと思うと
大間違いです。


1部屋しかないと
その部屋から退去が出れば
収入は突然「ゼロ」になります。


一方、ある程度部屋数がある物件ならば
いくつか空室が出ても


いきなり返済ができなくなることは
ありません。


規模の大きい物件は
それだけキャッシュを得るための
スピードが速くなります。


ですので、
金額の大きさに怖気づかずに


思い切って高額の物件に
チャレンジした方が良いのです。


身の丈に合った規模から始めたい
という場合にも


金額の上限を
自分から勝手に思い込まない方が
良いですね。



*******************
前号のブログ
100万円の預金と不動産投資
*******************






毎月1回、有益な情報を提供し続ける
「不動産投資プラチナ講座」
詳しくはこちら。







桜木大洋の

「不動産投資成功マインド養成バイブル PDF版・46ページ」

「51日間で不動産投資のすべてがわかる動画講座」

今なら無料プレゼント中!
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
桜木不動産投資アカデミー