真面目さが目標達成を妨げる?






不動産投資を始める時
一番最初にすべきことは
知識を身につけることです。


しかし、真面目な人に限って
徹底的に勉強してから・・・
と考えるようになり


やがてたくさんのリスクを学び
必要以上に理論武装して
理想的なストーリーが構築されて


結局、何も買えなくなってしまう
ということになりがちです。


不動産投資の仕組みとは
最も簡潔に言うと


金融機関からお金を借りて
家賃収入で返済し
残りのキャッシュを得ることです。


そして最大のリスクは
空室と修繕費。


物件を購入する前に
気にしておかなければならないことは
この二つだけだと、私は思います。


このための課題といえば
「良い物件に出会うこと」
から始まります。


良い物件に出会うためには
信頼できる不動産会社を見つけること。


これが最初のハードルです。


極論すれば、知識を得た後の行動は
信頼できる不動産会社を見つけることに集中し、


それが叶えば
かなりうまくいってしまいます。


ところが、その間にいろんな情報を吸収しすぎると

もっと利回りの高い物件があるんじゃないか
もっと金利の低い金融機関があるんじゃないか
もっと築浅の物件があるんじゃないか
もっと自宅に近い物件があるんじゃないか


などといろんな知識がついてきて、
あげ句の果てには
最初から法人を設立した方が良いんじゃないか
と考えるようになったりします。


そりゃ、利回りは高い方が良いだろうし
金利は低い方が良いだろうし
築年数は浅い方が良いだろうし
物件の場所は自宅に近い方が安心かもしれません。


そして、個人よりも法人の方が
多くの物件を買い進めるために負債を隠せるし、
節税の面でもメリットが大きいでしょう。


でも、そんな理想的なことばかりを
リストアップする前に


「融資が通るのか」
ということを考えた方が良いです。


もしも自己資金がなく、
オーバーローンで不動産投資を始めよう
とするならば、


上述の理想的な物件は
限りなくゼロに近いのです。


単に「物件がない」というのではなく


高利回りの物件は修繕費が余計にかかったり
空室がかなり多かったりします。
つまりリスクの大きさと比例します。


低金利の金融機関は
借り手の属性を重視したり、
返済期間が短かったり
融資額が満額に届かなかったりします。


築浅や人気エリアの物件は
売買価格が高く、
収益性に乏しいのが通常です。


そして法人で融資を受けるには
審査に時間がかかったり
多くの自己資金が必要になります。


理想的な物件なんて
誰だって欲しいものなのに


あたかも自分だけが
その物件を検討しているような
錯覚に陥り


リスクを排除したり
理想を追い求めたりしているうちに


結局希望の融資を獲得できず
いつまでも物件が買えなくなるのです。


こういう人を
実にたくさん見てきました。


でも、現在うまくいっている
不動産投資家の話を聞くと


やはりほとんどの人が
最初は「キャッシュを貯めること」
に集中した、と言っています。


まとまったお金がない人で
それでも不動産投資を始めたい人は


どうすればキャッシュが貯まるのか
どうすればオーバーローンができるのか


この二つに意識を集中し、
あとは物件を見つけること、

すなわち、
良い不動産会社を見つけることに
時間を割くべきです。


一つの不動産会社とだけ関わっていると
考え方が偏ったり、

なかなか物件を紹介してもらえないこともあるので
できるだけ多くの会社と知り合った方が良いです。


そうするうちに
自分の課題が浮き彫りになり
決断のポイントが見えてきます。


はじめから、
全てがうまくいくストーリーを描こうとすると
かえって目標達成は遠のくものなのです。


「机上の空論」は
ほどほどにした方が良いですね。




*******************
前号のブログ
上質な時間と不動産投資
*******************






毎月1回、有益な情報を提供し続ける
「不動産投資プラチナ講座」
詳しくはこちら。







桜木大洋の

「不動産投資成功マインド養成バイブル PDF版・46ページ」

「51日間で不動産投資のすべてがわかる動画講座」

今なら無料プレゼント中!
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
桜木不動産投資アカデミー