不動産投資に踏み出す思考法







現状を変えたい、と思うことがあります。


それは、今の状態が不満なのか
もっと高いステージに行きたいのか


多分そのどちらかなのですが、
たいていの場合、
その思いは遂げられず


現状を変えられない理由や原因を
自分以外に向けて探すことに
多くの労力を使い


それを周りの人にも
わかってもらおうと努力することで
自分自身を納得させようとします。


それはいわゆる「愚痴」となり
悩みを共有する仲間意識が芽生え
なんとなく慰められて
満足した気分になります。


その一瞬の満足が、
最初の「今の状態を不満に思う」気持ち
を癒すとき、


自分自身を変えることを
やめてしまうのです。


不動産投資を志す人は特に
「現状を変えたい」と願うことが
この道に踏み出すきっかけ


というケースが多いのですが、
同時に、比較的勉強ができる人、
定年後の人生について賢く計算ができる人
がたくさんいます。


だからこの「不動産投資」の入り口
に来るまでは、


そうでない人よりも先見の明があり
他の投資に次々と手を出す人よりは
堅実に収入を得る方法を見つけるセンス
があるわけです。


ただ、勉強ができるだけに
学ぶことが好き
学んでいないと不安になる
学ぶと安心する


という傾向がある人も多いです。


実はこれが、不動産投資に踏み出す上で
結構やっかいです。


なぜなら、不動産投資に
100%確実なものは一つもないので


リスクや懸念を挙げ始めたら
少なくとも10個くらいは
どんな物件でもカンタンに
見つかってしまうからです。


そういう場合、
「考える前に行動だ!」
という人もいますが、


私はそうは思いません。
よく考えた方が良いです。


しかし、考えるのは
リスクやトラブルの事例だけでなく


そうなった時にどうすれば良いか
ということです。


そしてそれを学ぶためには
ノウハウを集めようとしても無駄です。


ノウハウは、すべての人に当てはまる
とは限らないし、


どちらかというとほとんどの人に
当てはまりません。


同じノウハウを使っても
違う結果が出てしまうことも
多いのです。


ではトラブルが起きた時、
どうすれば良いか。


それは、
被害を最小限にするためには
何をすべきか


を最優先に考え、


二度と同じことが起こらないようにする
にはどうすべきか


を次に考える。


この二つを忘れないことです。


このためにやることは


「不安」は「疑問」に変え、
その疑問を「質問」に変えること


であります。


自分が不安に思うことがあるならば
「なぜ」そういうことが起きるんだろう
と発想します。


そして、そうならないようにするために
何をすれば良いか、を考えます。


もしも自分では答えが見つからない時は
専門性の高い人・成功体験を持つ人
に質問をします。


「どう聞けば答えやすいか」
に配慮して
質問の仕方や内容を考えるのです。


現状に不満や不安がある人は
「なぜ」そう感じるのか


どうすればそれを
感じないようになるのか


このように、意識を変えることに
集中した方が良いですね。


成功する人の思考は
常にシンプルです。





*******************
前号のブログ
不動産投資は徹夜仕事?
*******************








毎月1回、有益な情報を提供し続ける
「不動産投資プラチナ講座」
詳しくはこちら。




不動産投資と暮らしの情報サイト
+Osh でお伝えしている記事はこちら





桜木大洋の

「不動産投資成功マインド養成バイブル PDF版・46ページ」

「51日間で不動産投資のすべてがわかる動画講座」

今なら無料プレゼント中!
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
桜木不動産投資アカデミー