雨男と不動産投資






今は夏休みのご家庭が多いことと思います。


夏休みにはプールや海・山に出かけたり
旅行したりする機会が多いですが、
同時に夏は台風の季節です。


こうしている間にも台風5号が発生し
日本の南から本州に向けて
ゆっくりと北上しています。


せっかくの休みに外出したいのに
運悪く雨になる機会も多くなるわけです。


そんな時、自分や誰かを
雨男・雨女などと呼ぶことがあります。


私はいつでも晴れ女!
という明るい女性もいたりします。


しかし落ち着いて考えてみると
個人の力で自然現象を司ることなど
縄文時代の霊媒師でもない限り
不可能なことです。


かくいう私もよく「雨男」とか
呼ばれることがあるので
気になっていろんなサイトを調べて
みました。


すると、当然といえば当然ですが、
雨男・晴れ女などに科学的根拠はない
と、どのサイトにも書かれています。


ちょっと面白かったのは
スピリチュアルな観点から書かれている
もので


雨男や雨女は、
水の神様や霊に守られている
という説です。


例えば龍神。龍神に守られている人は

・水をたくさん飲む
・あわてもの
・気が強くて豪快な一面がある

とのこと。
私自身に心当たりはありません。


または農業の神様でもある「稲荷」。
お稲荷さんを守護霊に持つ人は

・手先が器用
・飽きっぽいところがある
・おっちょこちょい

これも私には全く当てはまりません。


まあ、何も言っても科学的根拠がないの
だから、気にしなくても良いはずですが


一度「雨男・雨女」のレッテルを
貼られると、
降雨確率の高い日本においては


なかなかそれを払拭する機会もなく
やがて自分でも思い込むように
なってしまうようです。


逆にそんなスゴイ力を持っているのならば
周りに自慢すればいいじゃないか、
という強者の意見もありますが


みんなで出かけた先で
雨が降ったのは自分のおかげ
とはなかなか言い難いものです。


ですのでそういう時には
考え方を変えてみることです。


雨が降ったことで
当初の目的は叶えられないけれど
代わりに得たものが必ずあるはず。


何年か前、私たち家族は
夏休みに沖縄の石垣島へ旅行した際
台風が来て二日間、延泊しました。


しかしそのおかげで
石垣焼体験や鍾乳洞を見に行き、
今も石垣焼の器が思い出に残っています。


当時小学生だった息子は
今回の旅行で一番楽しかったことは
部屋で一日中、みんなでトランプしたこと
と言いました。


家族でトランプをするのだって、
旅行先で台風でも来ない限り
一生やらないことかもしれません。


このように、どんな状況においても
必ず得るものがある、
と考えられるかどうか


が幸せを左右します。



不動産投資でなかなか融資が通らない時
いつまでもしょげていないで


「買わない方が良かったんだ」
と思って次に行く。


物件を購入した後にいろいろなトラブル
があっても、


その時に管理会社や修理業者、保険会社
などとたくさんの人とやりとりするので、

「対処法の経験値を増やすことができた」
「新たな人脈を開拓できて良かった」

と思えるかどうか、が重要です。


自分の思いが一時的に叶わなかった時
予定通りに物事が進まない時には


それが自分にとって実は最善の道なのだ
と思い込んで
次の成果に結びつける行動をすることが
幸運を手繰り寄せます。


雨男とか晴れ女なんて
所詮は思い込みなのですから


その対処方法も
思い込みによってやっつけたいですね。






*******************
前号のブログ
大金を手にすると人生が変わる?
*******************








毎月1回、有益な情報を提供し続ける
「不動産投資プラチナ講座」
詳しくはこちら。




不動産投資と暮らしの情報サイト
+Osh でお伝えしている記事はこちら





桜木大洋の

「不動産投資成功マインド養成バイブル PDF版・46ページ」

「51日間で不動産投資のすべてがわかる動画講座」

今なら無料プレゼント中!
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
桜木不動産投資アカデミー