タイムシェアの楽しみ方






「タイムシェア」というシステムを
ご存知でしょうか?


世界の大手ホテルの会員になって
一週間から二週間くらいの
宿泊権利を獲得するという


いわゆる会員権のようなものです。


昔、バブル期に流行ったゴルフ会員権と
イメージは似ているかもしれません。


ホテルの権利を購入すると
ちゃんと不動産の所有権が登記され、
権利書も送られてきます。


ただし、普通のマンションの場合は
部屋そのものの登記がなされますが、


タイムシェアの場合は、
1週/52週とか
つまり持っている権利の日数に応じて
所有権が按分されています。


そして宿泊したいときには
事前に予約することによって


いつでも好きなときに
そのホテルのいずれかの部屋に
泊まれます。


つまり、所有権といっても
複数の人(部屋)でそのマンションを
シェアするのではなく、


時間をシェアするので
「タイムシェア」と呼ばれています。


私は2014年に、ハワイ・オアフ島の
コオリナ・ビーチに完成した
マリオットバケーションクラブの
タイムシェアのオーナーになりました。


マリオットの場合、
ハワイのオーナーであっても、
世界中のグループホテルに宿泊できるため


昨年、最初の権利を行使して
フロリダのマリオットに宿泊しました。

そして2017年9月にはいよいよ
ホームのハワイ・コオリナビーチに
宿泊してきます。


そして、オーナーの権利を持っていると
マリオットグループから時々
キャンペーンのお知らせがあり、


今回はタイ・プーケットのマイカオビーチ
に3泊4日の無料宿泊ができるチャンスが
ありました。


現オーナーを対象に
マリオットに新しく導入された
ポイントを購入しませんか


という「説明を聞くこと」が
義務付けられるのですが、


それだけで超豪華なスイートルームに
無料で3泊もできるのですから、
これはいい、と思って利用しました。


ちなみに航空券は自分で取るのですが、
貯まったマイルを家族分も含めて
うまく利用しました。


プーケットの部屋はハワイと同じく、
2ベッドルームで合計130平米もある
素晴らしいリゾートホテルです。


ついでにバンコクのマリオットホテルにも
2泊ほど会員価格で宿泊し、


タイへ合計5泊7日(機中1泊)の
充実した家族旅行になりました。


マリオットバケーションクラブの
タイムシェアが良いか悪いか
得なのか損なのか


は、利用する人のライフスタイルと
考え方によって大きく変わってきます。


私の場合、かつてハワイに旅行した時
オーシャンビューと言いながら


ちょこっとしか海が見えない部屋を
それでもやっとの思いで予約しました。


その時に現地でバケーションクラブの
タイムシェアの存在を知り、


旅行する時まで「節約、節約」として
いた考えを大きく変えてみたいと
思うようになりました。


2年に一度、正規料金では1泊17万円
と言われている完璧なオーシャンビュー


のゴージャスなコンドミニアムに
好きな時に7泊できる権利。


この権利を約400万円で購入し
年間管理費は約12万円を支払っています。


ざっくり言って、5,6回利用すれば
元が取れるらしいのですが、


そういう金銭だけの損得勘定では
測ることのできない意義がある
と感じたわけです。


こうして実際にリゾートに来て、
家族と共に定期的に優雅な旅行
ができることが
人生をどれだけ豊かにしているか



お金には替えられない「時間」
の大切さをひしひしと実感して
います。


タイムシェアは不動産投資とは
ちょっと違いますが、


この所有権は「永年」で
子供にも相続することができるし、


その気になれば(値段は落ちますが)
売却することも可能です。


売却時に利益を確定する
ということではなく
利用しながら精神的なメリットを享受する


そう考えると
金銭的なリターンよりも
幸福感のリターンを得られる


自分と家族への投資案件
と言えるかもしれませんね。





*******************
前号のブログ
物件価格はどうやって決まるのか?
*******************








毎月1回、有益な情報を提供し続ける
「不動産投資プラチナ講座」
詳しくはこちら。




不動産投資と暮らしの情報サイト
+Osh でお伝えしている記事はこちら





桜木大洋の

「不動産投資成功マインド養成バイブル PDF版・46ページ」

「51日間で不動産投資のすべてがわかる動画講座」

今なら無料プレゼント中!
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
桜木不動産投資アカデミー