ビールの売り子と不動産投資





夏の風物詩として、ビールを飲みながら
野球場でプロ野球を観戦する
という方も多いと思います。


スタンドでビールを販売する売り子さんは
10代~20代の若い女性で、


中には試合よりも彼女たち目当てに
スタジアムへ足を運ぶ人もいるそうで


現在グラビアアイドルとして活躍中の
「おのののか」さんも、


美人すぎるビールの売り子
としてデビュー前に東京ドームで
アルバイトをしていました。


このビールの売り子は歩合制で、
一般的な人で1試合あたりの収入は
7,000円程度。


2~3万円を稼ぐ人もいて
労働時間は試合中の3時間くらいで
時給に換算すると8.000円以上
になります。


人材育成の専門家によると
ビールの売り子で成果を出すには
共通のポイントがあるそうです。


1つ目は
嫌なことを引きずらないこと。


たとえ売れなくても、他人と比較して
凹んだりしないことが大事。


いちいちショックを受けていては
売上を伸ばすことはできません。


2つ目は
自分の強みを知ること。


スタンドで観客と一緒になって
応援したり、積極的にお客さんと
コミュニケーションをとったり、


逆に声をかけられやすい雰囲気を
醸し出すなど、稼ぐ売り子は全て
自分のことを把握した上で
キャラを打ち出しているのです。


3つ目は
選ばれる工夫をすること。


「球場ではこのコからビールを買う」
と同じコから購入する人が意外と多く、


目立つようにしたり
お客様の印象に残ることが
売上を増やすことにつながるわけです。


ビールサーバーの重さは約18kg。
この中におよそ20杯前後の
ビールが入っています。


これを一日に一人平均で100杯前後
販売するため、在庫が切れるたびに
補充が必要になります。


そうなるとメーカーの冷蔵庫がある本部へ
サーバーを担いで何度も往復しなければ
なりません。


重いビアサーバーを背負って
球場内の急な階段を行き来しながら


一度買ってくれたお客さんの顔を覚え、
ビールが切れる頃合いになると


観戦のジャマをすることなく
タイミングよくビールを売りに来ること
が売上を上げるコツだそうです。


しかも常に満面の笑顔で元気よく。
お客さんにもまた自分の顔を覚えてもらう
ためにも、いつも笑顔でいることが大事です。


これはもはや、単なる若い子の
お小遣い稼ぎのための
夏休みのアルバイトの域ではなく


立派な営業の極意に通じるものが
ありますね。


もちろん不動産投資でもしかり。


1. 嫌なことを引きずらない
2. 自分の強みを知る
3. 選ばれる工夫を怠らない


結果を出す人には
こんな共通のポイントがあります。


ビールの売り子経験者は
人材として企業にも人気で、
就職してからもバリバリ活躍している人が
多いそうです。


きっと彼女たちが不動産投資をしたら
次々と良い物件にめぐり合い


融資を通すためにいろんな工夫をして
多くの結果を出すことでしょう。


サラリーマン経験が長いからといって
冷たいビールをあおるだけの毎日に
安穏としているわけにはいきませんね。





*******************
前号のブログ
タイムシェアの楽しみ方
*******************






毎月1回、有益な情報を提供し続ける
「不動産投資プラチナ講座」
詳しくはこちら。




不動産投資と暮らしの情報サイト
+Osh でお伝えしている記事はこちら





桜木大洋の

「不動産投資成功マインド養成バイブル PDF版・46ページ」

「51日間で不動産投資のすべてがわかる動画講座」

今なら無料プレゼント中!
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
桜木不動産投資アカデミー