不動産投資の入口に立つ人々







「不動産投資に興味があるんです」
という主婦の方から、
とても素朴な疑問が寄せられました。



1. 不動産を買うお金を、
どうやって工面するのですか?


当然ながら金融機関、つまり銀行から
お金を借りるのですよ、と答えます。


そして、自己資金は出さなくても
物件を購入する金額以上のお金を借りる
ことだってできますよ、


というと、「えー!!ほんと?」と
信じられない表情になります。


2.でも借りたお金を返せなくなることも
  あるんじゃないですか?


次はこの質問。気持ちはよくわかります。
たしかにほとんどの場合、自宅を買うより
高額の借金をすることになりますし、


何千万円、何億円という
見たこともない金額を借りるのに
怖いと感じる気持ちは普通です。


しかし銀行もただ闇雲にお金を貸す
わけではなく、


万が一返せなくなったら
その物件をとりあげればいい
と考えるので


逆に言えば物件を売却すれば
返済できる金額を借りているわけだから


いざとなったら売ってしまえば
なんとかなるわけです。


もっと言えば、
500万円とか1,000万円だったら
もしもの時に一生懸命働いて返そうと
がんばってしまいがちですが、


数千万とか1億を越えてくると
もはや一人でどんなに働いても
すぐに返せる金額ではありません。


だからもしも返済ができなくなるという
時が来たら、売ってしまえば良いのです。


しかし、そんな状況になるのは
よほど物件をきちんと品定めできていない
か、取得後に経営を怠っている場合に
限りますので


ちゃんと知識を得て
普通に努力していれば


物件を売らなければ借金が返せない
などという状況にはまずなりませんよ、
とお答えします。


でもこの話になったとき、
その人から辛い体験談を聞かされました。


かつて税金対策になると言われて
新築の区分マンションを買ったのだけれど
購入してからすぐに退去者が出て


次の入居者を入れるには
家賃を下げざるを得ず、


さらに広告費とやらも
ずいぶんたくさん取られました。


そうしてやっと入居してもらった人も
やがて退去されてまた空室に。


空室になると家賃収入が0になり
また埋めるために広告費や
リフォーム代がかかります。


そうするうちに、家賃収入では
月々のローンが返済できなくなり、
売却するしかなかったのだけれども


その時には大幅に値段を下げざるを得ず
結果的に大きな損失を被った
というお話を伺いました。


これは本当によくある話で、
知識のないサラリーマンや医師など
高収入の方が


いきなりかかってきた売り込みの
電話をきっかけに
「なんとなく不動産投資やってみようかな」


という程度の意気込みで
始めてしまうのです。


この買い方は、現金がある人が、
銀行に預けるよりは
お金が増える確率が高い


という発想でやるなら良いのですが
全額融資を受けて物件を購入するには
適さない方法なのです。


1部屋が空室になると収入が0、
というのは、ローンを背負う身としては
かなり危険と言わざるを得ません。


そういうケースこそ
1棟ものを買い、多少の空室が出ても
他の部屋からの収入で返済ができる
くらいの規模が良いのです。


と説明すると、ようやく不動産投資の
イメージが少しずつ変わってくるようです。



いろんな人と話をすると、実は
区分マンションを購入して失敗している
普通のサラリーマンの方が


かなり多いのかな、と感じます。
必ずしも区分マンションが失敗するとは
限らないのですが、


短期間で結果を得ることは
かなり難しいです。


不動産投資に興味がある、
やってみたい、と思うなら


まずは最低限、10冊くらいは本を読み
5ヶ所くらいのセミナーを受け
ある程度の知識を蓄えるまでは


どんなに良い話があっても
すぐに買わない方が良いですね。




*******************
前号のブログ
金利と融資の動きに注目!
*******************






毎月1回、有益な情報を提供し続ける
「不動産投資プラチナ講座」
詳しくはこちら。




不動産投資と暮らしの情報サイト
+Osh でお伝えしている記事はこちら





桜木大洋の

「不動産投資成功マインド養成バイブル PDF版・46ページ」

「51日間で不動産投資のすべてがわかる動画講座」

今なら無料プレゼント中!
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
桜木不動産投資アカデミー