浪費を投資に変えよ!








今日はお金にまつわる話をします。


日常生活の中で、人は必ずお金を遣い、
ちょっと堅苦しい言い方をすると
その行為は「消費」と言います。


お金を得た後は「貯蓄」か「消費」か
のいずれかが行われ、


将来のために確保しておくのか、
有効に使っていくのかを選択する
わけです。


生きていくためには消費行動が必須
なのですが、
そのお金の使い方・生かし方については
人の考え方によって大きく変わります。


「消費」の意味は二つに分かれ、
価値を得ることができる「投資」と
何も得ることがない無駄な「浪費」。


そこで考えておきたいのは
今、自分が行なっているのは
「浪費」なのか「投資」なのか
ということ。


ここに人生を豊かにできるポイントが
あります。


投資とは、必ずしも株や債券などを買って
お金を増やすことだけでなく、


いろんなリターンを得ることがあれば
それは意義のある「投資」になります。


例えばタクシーに乗るとき
それを単なる移動手段と捉えれば


短い距離なら歩けばいいし
バスだって電車だって使えます。


ではお金がもったいないから
タクシーを使うのはやめよう
と考えることが正しいかというと
そうとも限りません。


電車に乗れば小一時間かかるところ
サッとタクシーに乗れば30分。


こういう場合、
時間は半分に短縮でき
その時間を有効に活用することも
可能です。


雨の中、無理をして歩いて
洋服や靴を汚し、その結果、
余計なクリーニング代が
かかることもあるし、


疲れている時に無理をして体調を崩し、
病院に行かなければならなくなることも
あり得ます。


30分もあれば、その時間内に
タクシーの中で電話したり
パソコンを使って


一仕事を片付けることが
十分にできますね。


ときに、時間はお金よりも
大切な時があるのです。


また、ついスマホでゲームをしたり
ずっと家でテレビを見続けることも
楽しくて良いかもしれませんが


それは今、自分がやらなければならない
ことに対して、どれだけ優先順位が高い
のか、ということも考える必要があります。


つまり、人は楽しいことだけを考えたり
節約、節約といってお金を使わないよう
に気をつけていると、


それは「浪費」にしか過ぎないことも
ありますので、
気をつけた方が良いですね。


もったいない、と節約するよりも
結果的に「浪費」となってしまう方が
時間的にも金銭的にも、
はるかにもったいないのです。


自分の消費行動が
浪費にならないようにするためには
3つのポイントがあります。


1. 何も生み出さないことはしない

その行為は、何のためにやっているのか
を考えるように努めます。


2.節約思考からの脱却

1,000円を節約することより
1万円を稼ぐこと
を考えた方が良いです。


3. 時間と健康をお金で買う感覚

自分がより良い時間を過ごすことは
とても大切な自己投資であり
長い目でみればトクをします。


こうしてお金は、
少しでも出て行かないように
閉じ込めてしまうのではなく


思い切って循環させ、
巡り巡って自分に返ってくるように
仕向ける、と心がけてみると


実はお金よりももっと大切なものが
あることに気づくようになります。


「投資なくしてリターンなし」


何のためのお金なのか
お金の使いどころをうまく考えること
こそが、お金を増やす一番の近道です。


そのためには、
常に目的意識を持って
消費行動をすることが大事ですね。




*******************
前号のブログ
オリンピックと不動産投資
*******************






毎月1回、有益な情報を提供し続ける
「不動産投資プラチナ講座」
詳しくはこちら。




不動産投資と暮らしの情報サイト
+Osh でお伝えしている記事はこちら





桜木大洋の

「不動産投資成功マインド養成バイブル PDF版・46ページ」

「51日間で不動産投資のすべてがわかる動画講座」

今なら無料プレゼント中!
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
桜木不動産投資アカデミー