不動産セミナー受講の心得







私のセミナーに参加される方々には
いつも始まる前に
アンケートにご記入いただき


講座へ参加する目的は何か
動機を確認しています。


単にセミナーに参加して
誰かの話を聞いて


「ああ、聞いて良かったな」
「いい話を聞いたな」


で済まされてしまうのは
とてももったいないと思うからです。


人の話というものは
聞いた後に覚えている量として
大抵は1つだけ
多くても3つくらいです。


その時には感銘を受けても
部屋を出る時には最大3つくらい、
1週間経てばほとんど覚えていない
ということになります。


これは気持ちとかやる気
の問題ではなく


人の脳の構造がそうなっているから
仕方ないのです。


それを理解した上で
人から得た知識を最大限有効に
活用するためには


自分自身が明確な目的を持って
参加することが一番です。


あらかじめ「何を知りたいのか」
「何を得たいのか」を自覚することで
よりアンテナが鋭くなり


いろんな角度から情報を仕入れ
一を聞いて十を知る、
自分流に取り入れることが
できるようになります。


そして、セミナーに参加する人の
もっとも多い動機は、


「ノウハウを習得するため」です。


不動産投資のノウハウ
融資を引き出すノウハウ
空室対策のノウハウ


いろんなノウハウがあるわけですが、
成功した実例を聞いて
それが初めて知るものだったり


うまくいくかどうか半信半疑だったり
していたものが


新しい刺激となって
自身の中に蓄積されていきます。


ただ惜しいのは、
それだけのことでは
実はなかなか結果が出ないのです。


本当に刺激を受けたのなら
すぐに行動に移さなければなりません。

できればその日のうちに。
遅くとも1週間以内。


なぜなら、覚えていられる時間は
最長で1週間だからです。


そして残念ながら、
世の中のほとんどのセミナーでは
講義後に言われたことを実践する人は


全体の5%もいない
とされています。


それが現実なのですね。


1週間以内に行動に移せなかった情報は
ほぼまたゼロからインストール
し直さなければなりません。


行動なくして変化なし。


頭で理解して納得していても
行動しなければ1ミリも変わりません。


だからこそ、
自分の目的をしっかりと認識し、
それに合致した情報を得た時には


次の日に実行する。
遅くとも1週間以内。


実行することにも2通りあり
一つは実際に「自分でやってみる」こと、


そしてもう一つは
「人に話すこと」です。


インプットしたものは
アウトプットすることで蓄積されます。


自分で行動することも
人に話すことも
アウトプットになります。


講師を務める私の側からすれば
全体の何割が行動に移すのか
ということを問題に するのではなく


参加した人は全員が
変化を行動に移してほしい


それが私の
セミナーを開催する目的です。








*******************
前号のブログ
夢見る不動産投資
*******************






毎月1回、有益な情報を提供し続ける
「不動産投資プラチナ講座」
詳しくはこちら。




不動産投資と暮らしの情報サイト
+Osh (オッシュ)で、
私・桜木大洋が執筆しています。

記事はこちら





桜木大洋の

「不動産投資成功マインド養成バイブル PDF版・46ページ」

「51日間で不動産投資のすべてがわかる動画講座」

今なら無料プレゼント中!
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
桜木不動産投資アカデミー