コミュニケーションスキルと不動産投資







不動産投資はチームワークなので
いろんな人とのコミュニケーションを
円滑に進めることが大切です。


これはどんなビジネスにも当てはまる
ことですが、


仕事だけではなく、プライベートでも
重要であることは言うまでもありません。


しかし、
「コミュニケーション」とは
人と話すことである、と理解していると


話すことが苦手だったり
自分のことをうまく伝えられないタイプ
の人にとっては、
苦手に思えてしまいます。


特に初対面の人とは
何を話していいかわからないことが
多いので、


パーティーなどで
知らない人に会うときは
構えてしまいがちです。


そんなとき、ちょっとしたコツを
意識することで、
会話の風向きを変えることができます。


それは、質問に徹すること。


どこから来たのか。
日頃は何をしているのか。


このくらいの質問から始まり、


今、どんなことに関心があるのか。
これから何を目指しているのか。


その間に印象に残った言葉を拾い
さらに質問を深めていく。


といったことまでできれば
かなり内容の濃いコミュニケーション
につながります。


最大の注意事項は
自分のことを話しすぎないこと。


質問の答えが返って来たら、
できるだけうなずくだけにして
すぐに次の質問をする。


こうすることによって
自分が相手に興味を持っている
ように伝わります。


話し上手は聞き上手
とも言われますが、


いかに相手に話させるか
が、コミュニケーションのカギ
となります。


自分の話は後回しにして
聞かれるまで待つ。


すると、思いのほか
自分のことは聞かれないんだな、
ということに気づきます。


ほとんどの人は
相手がどんな人か、
を理解するよりも先に


自分のことを聞いてもらう方が
心を開きやすいのです。


これは、意識すれば誰でもできます。


私はこの方法を使って
サラリーマン時代には
上司や先輩との会話をスムーズにできたし


不動産投資の世界でも
初めて会う金融機関の人や
不動産会社、管理会社の人たちと
すぐに距離を縮めていきました。


なんとかして自分のことを
わかってもらいたい


と思う相手にこそ、
先に理解してみることが早道です。


興味を持ってくれている
理解してくれている


と相手に思ってもらえたら
そこから先はラクに
コミュニケーションが進みます。


自分のことをうまく話せなければ
上手なコミュニケーションが取れない
と思うのは大きな間違い。


自分のことを話しすぎることこそ
一方的な会話になるリスクが
潜んでいます。


本来、テクニックを前面に出すことは
あまり価値のないことですが、


仕事や家族関係で
うまくコミュニケーションが取れない
と悩む人にとって


心がけるべき一つのヒントになれば
と思います。


「まず相手を理解し、そして理解される」


これを意識して、習慣づけられると
いいですね。




*******************
前号のブログ
不動産投資のマネジメントとは?
*******************






毎月1回、有益な情報を提供し続ける
「不動産投資プラチナ講座」
詳しくはこちら。




桜木大洋の

「不動産投資成功マインド養成バイブル PDF版・46ページ」

「51日間で不動産投資のすべてがわかる動画講座」

今なら無料プレゼント中!
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
桜木不動産投資アカデミー