仕事の能力と不動産投資







大手企業に勤める人は
一般的には一流大学を卒業し
仕事ができる人が多い


と思われています。


確かにその通りかもしれませんが、
「仕事ができる」というのは
実は曖昧な定義なので


仕事ができる=収入を増やせる


とは限りません。


良い大学に入るには
学校の成績や試験の点数が高い
必要があるので


その筋の能力、つまり
どうすれば最短でゴールに着くか
という「効率化」の力については
かなり鍛えられている人が多いです。


間違いを見つけたり
答えを導くまでの理由づけを
行ったりすることは
かなり得意かもしれません。


しかし、大企業の職場環境には
弱点もあります。


それは、周りの人が助けてくれるため
最初から最後まで
自分自身の責任で仕事をする機会が
少ないことです。


仕事の規模が大きいので、
とても一人でやりきれるはずもなく、


どうしても「仕組みづくり」とか
部下や関連会社・取引先に依頼する業務が
多くなります。


これはこれで悪いことではないし、
だからこそ周りに目を配って
人を動かすことを学ばなければならない
のですが、


そこに気づかないまま
社歴ばかりが積み重なっていくと
始末の悪いベテランになります。


気づくことのないベテランは
周りの人が従ってくれるのは
自分の仕事の能力が高いからだ、
と勘違いをしてしまいます。


周囲が言うことを聞いてくれるのは
会社の看板や役職名のおかげであり
自分自身の能力によるものではない


ということに気づけないのです。


大企業の営業マンは
売り上げ目標を達成した時、
それは自分の采配によるものである、
と思い込み、


実際にお客様と対峙して一つ一つ商品を
販売してくれた、現場で汗を流している
店員さんのおかげ


というイメージを持てない人もいます。


プロジェクトがうまくいかないときは
持ち前のボキャブラリーの豊富さを生かし


言い訳したり課題を他の方に振り向けたり
して、その場を乗り切ることが
自分の手柄だと思ったりします。


このように、自分の能力と会社の威力
を都合よく混同してしまいがちなのが
大企業の落とし穴です。


もちろん、大企業に勤める人で
しっかりと自己啓発を行い
ストイックに生きている人も
たくさんいるでしょう。


要するに、能力の向上には
自分自身と職場環境が
半々ずつ影響する、ということです。


大企業に勤めているから優秀で
そうでない人は劣る、
などというはずはないし、


逆に言えば、大企業のぼやけた環境に
いない人の方が、
自分を早く磨きやすい環境にある
とも考えられます。


不動産投資業に求められるものは
自己責任であり、チームワークです。


恵まれた環境に甘えず
常に自分の意思で素早く判断すること


最速で最大の効果を得るために
周りの専門家の力を上手に借りること


この両面に対する能力を磨くことが
必要です。


いずれにしろ、不動産投資を始めると
これまでの会社員経験が
良い意味でも悪い意味でも
露呈してきます。


自分の意識の持ち方次第で、
不動産投資をしながら


今の仕事の進め方や
自分の本当の能力を
確認する良い機会になりますね。





*******************
前号のブログ
完璧主義と不動産投資
*******************






毎月1回、有益な情報を提供し続ける
「不動産投資プラチナ講座」
詳しくはこちら。




桜木大洋の

「不動産投資成功マインド養成バイブル PDF版・46ページ」

「51日間で不動産投資のすべてがわかる動画講座」

今なら無料プレゼント中!
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
桜木不動産投資アカデミー