空室対策と退去抑制のための設備ランキング







最近はなかなか空室が埋めにくい、
という声をよく聞きます。


不動産賃貸業において
最大のリスクは「空室」で


その他のリスクも決して軽んじることは
できませんが、


とにかく満室にすることが
賃貸経営においても
いざ売却する時においても
最重要ポイントだと言えます。


実際、私の所有物件も
空いたらすぐに埋まる物件と
なかなか埋まらずに苦労する物件と


また時期によっても異なり
色々な施策が必要になってきます。


空室を埋めようする際に
考えるべきことの一つに
「設備」があります。


全て最新の設備を取り揃えておくに
越したことはありませんが、


新たに追加する設備には
当然お金がかかるし


その設備を入れることが
どれだけ入居者に魅力的なのか
も考えなければなりません。


先月の下旬に発信したメルマガで
入居者に人気の設備ランキング2017
をピックアップしてお伝えしました。


今回は
必要設備ランキングと
満室設備ランキングの

最新版(リクルートSUUMO )
を見てみましょう。


「入居決定時に必要な設備」


1位:エアコン
2位:TVモニター付きインターフォン
3位:追い焚き機能付きの風呂
4位:温水洗浄便座
5位:宅配ボックス
6位:24時間ゴミ置き場
7位:浴室換気乾燥機
8位:ディンプルキー*
9位:Wi-Fi
10位:無料インターネット


*ディンプルキーとは、
複数の丸いくぼみによって複雑化した
ピッキングに強い鍵。


こちらは入居者が部屋を検討する時に
条件として注目しているランキング。


現在空室に困っているならば
家賃を下げる前に、これらの設備の導入
を検討されると良いものです。


ここ数年で上昇しているのは
TVモニター付きインターフォン
宅配ボックス、Wi-Fiで


ネットやセキュリティへの対応が
関心を集めています。



「現在満足度の高い設備」


1位:24時間ゴミ置場
2位:TVモニター付きインターフォン
3位:無料インターネット
4位:Wi-Fi
5位:浴室換気乾燥機
6位:トランクルーム
7位:二重サッシ
8位:家具・家電付き
9位:エアコン
10位:宅配ボックス


これは入居者にとって
現在の満足度が高い設備です。


満足度が高ければ、入居後も長く
住んでもらい、退去の動機を少しでも
減らすことに役立ちます。


・「無料インターネット」や「エアコン」
など便利な機能を持つ設備


・「24時間ゴミ置き場」など
スペースの有効利用ができるもの


・「二重サッシ」など
住宅性能を高める設備


が最近の傾向になっています。


もちろん部屋の広さや間取り、
ターゲットによっても異なりますが、


空室を埋めるだけでなく
入居者に長く住んでもらうために
効果的な設備を検討していきたいですね。


すぐに導入を検討することだけが
重要なのではなく


いつでもこういうことにアンテナを張って
おくことが大切です。





*******************
前号のブログ
もしも私の不動産投資が・・・
*******************