厳しい不動産市場に問われること






この1、2年は不動産投資家にとって
特に厳しい状況が続いています。


厳しいというのは2つの要素があり


1. 物件価格が高騰している。


それによって収益性が悪くなり
なかなか魅力的な物件が見つからない


運よく物件が見つかっても


2. 融資が通らない


希望の額に届かなかったり
希望の低金利が実現しなかったり
希望の期間まで延ばしてくれなかったり


そもそも融資を断られる
というケースが増えています。


この、物件を見つけることと
融資を通すことが
不動産投資の成否を左右する


最大のキーであることは
言うまでもありません。


ですので、これから不動産投資を志す人
特に高額の融資を引いて
できるだけ規模を拡大したい
と考えている人は


この2つに集中した方が良いです。


物件を探すこと
融資を引くこと


この2つのシンプルなキーが
なかなか突破できずにいる中


ここにきてさらに
融資の条件を厳しくする、という
超有名な金融機関の話を聞きます。


いろんな銀行が融資をしなくなれば
やがて物件を買える人が少なくなり


物件を買える人が少なくなれば
売る人が弱気になって値段を下げる


物件の値段が下がれば
収益性が上がり


今度は金融機関が融資をしやすくなる


という流れで市場が動きます。


だから今、金融機関が引き締めている
ということは、やがてくる
市場価格の軟化に向けた自然の摂理
みたいなものなのですが、


厄介なのは、その流れがいつ来るのか
誰にも予測できないことです。


不動産市場を牛耳るのは
政治家でもオリンピックでもなく
金融機関の動向なのです。


そしてそれは、ゆっくりゆっくり
ジワジワと満ち引きを繰り返しつつ
やってきます。


それは残念ながら
投資家の意のままには全くならない
ものなので


それを嘆いたり愚痴をこぼしていても
これまた何も前に進みません。


こんな状況でも
買えている人はたくさんいます。


買えている人と買えていない人は
どこが違うのか、というと


行動量と覚悟、ですね。


融資情勢が厳しいといっても
全く融資しなくなったわけではないので


貸してくれる金融機関を
今まで以上に探し回った人が
買えているし


昔ほど良い条件ではないけれど
価格が高いことによるリスクも
覚悟して踏み切れる人が


ギリギリいける物件を
手堅くゲットしているのです。


理想を追えばキリがなく、
計画的に買い進めたいと思っていても


今のご時世ではそうそう思い通りに
物件も見つからないし
融資も下りません。


私の持論では
不動産投資は1、2年で
結果を出して終わり、ではなく


一生かけて取り組む価値のあるもの
だと考えています。


だから現在のように
市場の風向きが悪い時、
見送るもよし、


なんとかして1棟買ってみるもよし。


しかし買った後の成否は
決して翌年とか翌々年のレベルで
わかるものではなく、


5年・10年の長い目で見て
いろんなことを学びながら
経営力を鍛えていくものだと思います。


不動産投資に本気で取り組む
気持ちがあるのかどうか


こんな厳しい時期だからこそ
自分に問いかけるチャンスですね。






*******************
前号のブログ
リハビリと不動産投資
*******************