新年への想いと不動産投資







経営の神様と言われる松下幸之助氏。


新年にしたためられた詞が
パナソニックの新年の広告に
大々的に掲載されていました。


その詞「この日この朝」をご紹介します。

————————

心静かに年が明けて、
心静かに新年の形を立てる。
まずはめでたい新春の朝である。


ゆく年の疲れをいやしつつ、
去りし日の喜びを
再びかみしめている人もあろうし、
あるいは過ぎし年の憂き事に
しばしの感慨をおぼえている人もあろう。


人はさまざま。
人のさだめもその歩みもまたさまざま。
さまざまななかに、
さまざまな計が立てられる。


そんな中でも大事なことは
ことしは去年のままであっては
ならないということ、


きょうは昨日のままであっては
ならないとこいうこと、


そして明日はきょうのままであっては
ならないということである。


万物は日に新た。


人の営みもまた、天地とともに
日に新たでなければならない。


憂き事の感慨はしばしにとどめ、
去りし日の喜びは、
これをさらに大きな喜びに変えよう。


立ちどまってはならない。


きょうの営みの上に明日の工夫を、
明日の工夫の上に、
あさっての新たな思いを。


そんな新鮮な心を持ちつづけたい。
そんな思いで、
この日この朝を迎えたい。


————————


こういう言葉を目にするとき
ただ「なるほど」と読みとばすか


偉い人が書いたものだから、と
ありがたく受け止めるか


それこそさまざまでしょうが、


自分の行動に照らし合わせて
今の自分の姿が浮かんでくると
もっとも効果的に受け止められます。


さらに何度も読み返すことによって
より深く理解できるようになります。


もう一つ、松下幸之助氏の格言集の中に
これを要約したような言葉を見つけました。


————————

人と比較をして劣っているといっても、
決して恥ずることではない。
けれども、
去年の自分と今年の自分とを比較して、
もしも今年が劣っているとしたら、
それこそ恥ずべきことである。

————————


そうなんですね。
不動産投資でも、
結果を出している人、成功している人は
たくさんいますが、


「成功」っていうのは
自分自身が求めた状態になっている
ということだと思うのです。


人から見て成功しているとか
人と比べて成功しているとか


ほとんど意味のないことですね。


自分の評価は自分で決める。


そのためにも
昨日よりも成長した自分
今日よりも学びを得ている自分を
明日につなげようとする意識が大事です。


ぼーっとしていると、時間は
あっという間に過ぎていきます。


そんな時、
気づかないうちに時間を消費しているのか
エネルギーを充電することを意識している
のか、によって
明日の自分がぜんぜん違うものになります。


人と比べないこと
しっかりと今日の自分を見つめること


まずはこの基本に根ざすことが
成功への第一歩ですね。





*******************
前号のブログ
ハッピーな感覚と不動産投資
*******************
?Gg[???ubN}[N??