奇跡の人と不動産投資








昨夜の出来事です。


30年来の仲の良い友人との
定例のパーティーで


友人が経営するダンススタジオを
終日借り切って


ただひたすらに飲み食いする
という会がありました。


そこで私は、電車で来る何名かの友人
のために、最寄り駅と会場の間を
車で送迎する担当になりました。


友人が到着する時間はさまざまなので
連絡が来るたびに、駐車している
コインパーキングを一旦精算し、


そこから5分ほど車を走らせて
駅に向かいます。


2回目の送迎のとき
駅で友人を待っている間に


私の携帯に見知らぬ番号から
着信がありました。


誰だろう?
と思いながら電話に出ると
男性の声で


「桜木さん、ですか。。。
お財布、落としましたね・・・」


と言うのです。


ハッと気付いた私は、コートの
胸ポケットに入れたはずの場所を
慌てて手で抑えてみますが、


そこは空っぽになっていました。


見知らぬ男性からいきなり電話で
財布を落としたことを告げられ
かなり動揺しましたが、


その拾い主の方がむしろ冷静で
「運転免許証も入っていますね」
と言われました。


免許証はもちろん、
クレジットカードやキャッシュカード
ポイントカード、電子マネーのカードなど


20ヶ所のホルダーに大切なカード類が
ぎっしり詰まっています。
ついでに現金は5万円程度。


警察に届けておきましょうか?
とおっしゃる拾い主さんに


「ありがとうございます!
すぐに行きます!どちらですか?」


と電話口で叫び、その方のいらっしゃる
コインパーキングの近くまで
車を飛ばして行きました。


財布を拾ってくださった方は
60歳前後の、とても落ち着いた雰囲気の
男性でした。


拾った場所は、コインパーキングではなく
その斜め前にあるアパートの
ゴミ箱の前だとか。


おそらく、パーキングで精算をした後
私はお財布を車の屋根に置いて
そのまま運転席に乗り込んでしまい
発車してしまったようです。


車の屋根に置き去りにされた財布は
走る勢いで近くに振り落とされたのだと
推測します。


しかし、その財布を拾ってすぐ
中に入っているカードと名刺を見て


直ちに持ち主と思われる相手に電話を
してくれる、なんて素晴らしい行動を
される方が現実にいらっしゃるのですね!


私にとっては
まさに奇跡としか言いようがありません。

お財布を拾ったら、普通は交番に届けるか
悪意のもとに現金を抜いてしまうか
もしくは黙って・・・


となるのが普通ではないでしょうか。
財布を落とした場所は、
ひと気のない暗い道で
誰にも気づかれないようなところです。


それでも拾い主さんは
「やった、お財布拾っちゃった。」
ではなく


「落とした人は相当困っているだろう」
という気持ちを強く持ってくださったのだと
思います。


こういう考え方ができる人は
きっと不動産投資でも成功すると思います。


もしかしたらお金にまったく困っていない
地主さんか大家さんなのかもしれないな、
などと余計なことも考えてしまいました。


とにかく、目先の、自分だけの得よりも
困っている人の気持ちを考え
その人を助ける行動を即座にできる


これは、人として素晴らしいことです。
この奇跡を体験しながら
私自身、強く学ばせていだきました。


私もそういう気持ちを持って
常に人に接し、ビジネスをやっていきたい
それが今日の恩返しにもなると思いました。


そもそも財布を車の上に置き忘れることが
最低ですが・・・


そして恥ずかしながら、
その方に御礼をしようとしましたが、
何度も固く断られ


それでもなんとか千円札を無理やり
ポケットに押し込む形で
受け取ってもらいました。


おかげさまで今回私は
現金をなくす喪失感も


各種カードの再発行手続きに
頭を悩ませる焦燥感も


はたまた財布をなくした
という絶望感さえ味わわずに


無事にパーティーを楽しむことが
できました。


今日は奇跡の人との出会いに
心から感謝です。





*******************
前号のブログ
不動産業界で人脈を築くには
*******************
?Gg[???ubN}[N??