不動産投資での成功とは?







不動産投資で成功する
というのは
どのような状態でしょうか。


何棟もの物件を買えたとき?
何億もの融資を受けたとき?


満室が1年間続いたとき?
キャッシュフローを貯めたとき?


借金を完済したとき?
売却して利益を得たとき?


実はその瞬間は、
自分で決めるしかありません。


いつでも成功しているといえるし
いつでも志半ばともいえます。


たしかに、不動産投資をした後、
最後に借金がない状態で
お金が残っているのなら


それは客観的にみても
成功と呼べるかもしれません。


しかし、
そこまでに得られた金額と
そこまでに費やした時間と労力を考え


「成功だった」と思えるかどうかは
その個人によります。


もちろんお金だけが
その指標になるとは限りません。


そして、借金がない状態だけを
「成功」と定義しなければならないのなら


融資を受けて事業を営んでいる起業家、
もしくは各企業の方々は
誰も成功していないことになります。


同じように、どんな状態が「失敗」なのか
というと


借金がたくさんあるとき?
バランスシートがマイナスのとき?


購入時よりも売却時の価格が安いとき?
売却したら損が出たとき?


月の支払いが収入よりも大きいとき?
借金を返済できなくなったとき?


どんな状態を「失敗」とするかも
その個人にしか決められないのです。


失敗は成功のもと
と言い尽くされた言葉もあるし


成功するための一番の秘訣は
成功するまでやり続けること


と、多くの成功者が語っています。


自分が「ああ、失敗した」と思えば
それは失敗だし、


将来に向けて良い経験になった
と捉えれば、


「これで成功に一歩近づいた」
と考えることもできます。


たとえ周りの人々に
「あなたは成功しましたね」


と褒め称えられても
本人の目標がもっと高いところにあれば
それはあくまでも通過点に過ぎません。


自分自身が成功しているのか
失敗しているのかは
あくまでも個人の価値観に委ねられます。


そして多くの場合
同じ状態がずっと続くことは少ないので


今、成功していると思っていても
一年後はどうなるかわからないし


今回は失敗だった、と感じても
一年後も同じ状態でいることは
かなり稀なことなのです。


現状を変えたい、と思わなければ
一年後も変わらないし、


どうしても変えてやる、と本気で望めば
わりと変えることはできるものです。


少なくとも成功しているという
一つの状態とは


「自分の好きなことができる状態」


であり


「やりたいことができない状態」は


あまり良い状態とは言えません。



今後、もしも成功を目指すなら
そして今はまだその状態にないのなら


まずは「どんな状態」が
自分にとっての「成功」なのかを
明らかにして、その上で


自分を変えることを意識し
環境を変えることを意識して


すぐに行動することをオススメします。


成功か失敗かは、
常に自分で決められるものなので


もしも世の中うまくいかないことばかり
と感じている人は


まずそう思ってしまう自分の価値観から
見直してみるといいですね。


私にとってこれまでの不動産投資人生は
ほとんど毎日、思うようにいかないこと
ばかりでしたが、


数少ない「思うようにいった」経験から
今の状態を築きました。


そう考えると、今日までの道のりは
すべて「成功までのプロセス」と
捉えることができます。


こんな自分勝手な私の言い分を
「楽待」さんが取材してくれました。


私がかつてサラリーマンだった頃から
退職を決意して今の状態を手に入れるまで
実に細かい部分まで記述されています。


こちらをご覧ください。


あくまで私の実例ですが、
自分の評価は自分で決めるしかない
ということを感じていただれば幸いです。


===================
ブログ700号記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================



*******************
前号のブログ(今号でブログ700号達成!)
奇跡の人と不動産投資
*******************



?Gg[???ubN}[N??