不動産投資家は忙しいの?








サラリーマンだった人が
不動産投資で目標の収入を達成し
会社をセミリタイアしたとき


その後の生活はどうなるんだろう
ということに関心を持たれて
私に質問されることがあります。


「今の生活は忙しいですか?」


この問いかけをされる
ということは


私が忙しそうに見えるから
かもしれません。


たしかに不動産投資家の方々で
頻繁にセミナーをやったり
メディアに出たりしている人は


遊んでいる写真でも掲載しない限り
忙しそう、と思われるかもしれません。


ところが私自身は、
サラリーマンリタイアして
もうすぐ2年が経ちますが


「忙しい」と感じたことはありません。


でも人から見れば
物件をたくさん持っていて
いろんなセミナーで講演して


パーティーにも出かけて
家族と海外旅行もして
メルマガやブログ、SNSも
頻繁に更新したりしていると


「忙しそう」


と感じられてしまうかもしれません。


しかし、
昔の3年B組金八先生風に言うと


「忙しいという字は、心を亡くすと書く」


のですね。


つまり、時間に追われて
本当にやりたいことができない、
自分を見失ってしまう


という状態のことを言うのです。


私はこの2年間、
自分のやりたいことだけをやっているので
どんなにたくさんの仕事があっても


どんなに今日中に片付けなければならない
ことがあっても


「忙しい」と思ったことはありません。


なんだか屁理屈のような印象を持たれる
かもしれませんが、
ここは重要なポイントです。


サラリーマン時代は、
けっしてイヤイヤながら仕事をしていた
わけではないけれど


自分の意図とは違うところに納期があり
仕事の指示があったりして
常にストレスを抱えていました。


その後で、夜遅く家に帰ってから、
もしくは土日も
副業の不動産投資活動をやっていたので


睡眠時間も1,2時間でした。
これは明らかに忙しい状態。


でも今は、
自分がやりたいことしかやらないし
そもそも自分の責任で決めることばかり
なので、


どんなに納期が迫っていても
どんなに仕事のボリュームがあっても


今、やるべきこと
という認識があって
とても充実しています。


その中身は、いろんな人と会ったり
不動産業界の人とメールや電話で
連絡を取り合ったり、

セミナーや文章で伝えることを考えたりと


どちらかといえば
クリエイティブな仕事ばかりです。


だからずっと身体を動かしていても
ヒマな時間が全くなくても


気持ちはリラックス。
つまり「ストレスフリー」なわけです。


そう考えると
「忙しい」のか「充実している」のかは
自分の気持の持ち方で
受け止め方が変わってきますね。


自らの口で「忙しい」と言ってしまえば
不本意な時間を過ごしていることを
認めてしまうし


「充実している」と言えば
それは自分の意思で決めたことであり
目標に向かって行動しているのだから


明るく楽しい気持ちになってきます。


こう考えてみると
サラリーマンだから「忙しい」とか
リタイヤしたから「充実している」
ということではなく


自分を取り巻く状況を
自分がどう捉えるか
にかかっています。


そしてそれは
やがて周囲にも影響を及ぼします。


「忙しい」という言葉の意味を
よく考えてから発したいですね。






===================
ブログ700号記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================





*******************
前号のブログ
数値管理と不動産投資
*******************

?Gg[???ubN}[N??