不動産投資のレベルを上げるには







不動産投資を迷いなく進めたい
自分に合う情報を得ていきたい


ということを目指すなら
3つのポイントがあります。


一つ目は
信頼できる不動産会社を見つけること。


これは言うまでもなく
自分に土地や自己資金がないとき


的確な物件と融資をつなげてくれるのは
他ならぬ不動産会社だからです。


このために私は
毎日のようにポータルサイトで物件を探し


めぼしい案件を売りに出している
不動産会社と片っ端から連絡を取り
できるだけ訪問して顔を売ってきました。


不動産会社が主催するセミナーにも
機会を見つけては出席し
積極的に個別面談を受けました。



それでも世の中に不動産投資家は
山ほどいるので


自分だけ特別扱いされたり
他の人よりも有利な条件を示してくれる
はずはありません。


そこを何とかして印象づけるには
自分の目標を明確に伝え


素早い判断と行動、
たとえば、メールにはすぐに返信すること
などを心がけることが重要です。


二つ目は
メンターを見つけること。


最初に購入した新築木造アパートは
私が目指す結果とはかけ離れたものを
もたらす投資手法でした。


なんの知識もなく、先を見ずに
安易に手を出してしまったことが
その後の余計な苦労を生み出しました。


そしてある時、思い立って投資塾に入り
私にとって最適な投資手法を学んで
ようやく軌道修正をすることができました。


自分がやりたいことを先に実現していて
迷ったとき、わからないときに相談すれば
常に良きアドバイスをしてくれる人が
いるのは


たとえ最終的には自己責任だとしても
とても心強いものです。


しかしこのメンターを間違えたり
結果を出していない人の話を聞くと


正しい道に進めなかったり
不安ばかり煽られて、


結局行動できないことになるので
注意が必要です。


三つ目は、
仲間をつくること。


市場環境が厳しくても
次々と結果を出している人の話は
非常に良い刺激になるし、


同じ目線でがんばっている人の姿は
自分のモチベーションを失いがちな
ときでも、とても励みになります。


そして何より、活きた情報源となるのも
仲間との話の中にたくさんあるのです。


不動産投資家はサラリーマンと違い
組織に属さないので
自分から動かないと同僚がいません。


また、収益物件はすべての人に
一様に当てはまるのではなく


状況や目的によって適するものが
異なるため


仲間と同じ物件を取り合うことは
かなり稀です。


相手と勝負して自分が勝つような
ライバルではなく


困ったときに情報を交換したり
自分の知らない知識や経験を教え合ったり
する方が圧倒的に多い「同志」なのです。


自分の周りにいる4人の平均年収が
自分の年収になる、と言われているように


志の高い仲間と一緒にいることで
価値観や考え方も同調してくるように
なります。


このため、尊敬できる仲間や
自分と違う知識や価値観を持っている仲間
との人脈をつくることで


自分の不動産投資活動や人生が
より質の高いものになっていくことは
間違いありません。


・不動産会社
・メンター
・仲間


この3つの信頼できるものを持てば
最強の不動産投資ができるはずですね。





===================
ブログ700号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================





*******************
前号のブログ
不動産に融資したい銀行員(後編)
*******************





?Gg[???ubN}[N??