不動産投資はどれがいい?






不動産投資のスタイルには
さまざまなものがあります。


どれが正しいというのは
本人にしか決められません。


また、正しかったと思えるように
努力することも大切です。


そんな中、最初から
自分にはこれだけしかできない


今の自分の属性を考えると
このくらいが適当だろう


と思って、誤ったスタートをきる人が
多いのは、とてももったいないです。


また、自分の本当の課題を認識せず
最初から法人で買いたいとか
エリアは一都三県に限るとか


一般論や表面的な理想形を夢見て
一向に物件を買うことができない
というのも残念な話です。


私がこれまでの投資経験の中で
もしくはいろんなタイプの投資家を
見てきて、


皆さんそれぞれに自分に合った
やり方で投資活動を進めていることが
とても勉強になっています。


ここであらためて
収益物件のスタイルを整理してみます。



1. 少額の現金があるなら
数百万円で築古の戸建を購入する。


まずは手堅く不動産投資を始めたい、
でも融資がなかなか期待できない方は


まずは退去リスクの少ない戸建を見つけて
購入してみると、オーナーを経験しながら


銀行の定期預金にするより確実に
資金を増やすことができます。


そしてその戸建を元手に少しずつ
時間をかけて、次の融資へと広げていく
策もあります。




2. 返済比率を低めにできるなら
安定需要の区分所有を購入する。


区分は比較的買いやすい価格帯で
融資もすぐに付いたりするので


電話勧誘セールスなどをきっかけに
安易に手を出しがちです。


区分から事業規模を拡大するためには
できるだけ返済比率を低くする
つまり自己資金の割合を増やすこと


そして空室リスクの極めて少ないエリア
に購入することが必須です。


さらにこの手法も時間をかけて
じっくりと資産を増やしていくタイプです。



3. 高リスク・高利回り築古木造アパート
を購入し、再生して大きな売却益を得る。


これが最も割の良い不動産投資法。
安く買って高く売る。
シンプルな利益確保の方法です。


でもこれをやり抜くには
ボロボロの空室物件でも買う勇気があり


低コストで修繕して客付けにつなげる
高いレベルの技術とセンス、経験が
必要になります。


融資は下りる時と降りない時があるので
場合によっては現金で決済できるほどの
資金力があると、
より積極的に進められます。



4. 融資を引いて、できるだけ高額の
一棟マンション、アパートを購入する。


私自身がこれまで進めてきた方法ですが、


融資が大きい分、
リスクも大きくなるという
考えもあります。


しかし、規模が大きくなれば
戸数も増え、空室リスクを
薄められるメリットがあるし、


複数棟を所有することで
どれか一つに突発的な修繕が
必要になっても


他の物件からの収益で
それを補うことができます。


何より短期間にキャッシュを
増やすことができる方法です。


しかしながら、
自分がどこまでの融資を受けられるか
わかっていない人も多く


一つ二つの銀行から断られたぐらいで
すぐに諦めてしまう人がいます。


たしかに最近はますます
融資が厳しくなっている状況ですが


どうすれば融資が下りるか
どこなら融資をしてくれるのか


そういう発想を持って
常にチャレンジし続けることが
重要です。


状況が厳しいのはみんな同じ。
そういう時こそ


自分が目指す投資法で
結果を出している人を探して
実例から学ぶといいです。


うまくいっていない人よりも
うまくいっている人の話を


たくさん聞くように心がけると
良い学びを得るヒントになりますね。





===================
ブログ700号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================





*******************
前号のブログ
免許更新と不動産投資
*******************






?Gg[???ubN}[N??