社会人の素養と不動産投資







私がリハビリに通っている
整形外科の理学療法士さんは
20代後半の女性ですが、


私の骨折した右脚を的確に診断し
いつもツボを押さえたマッサージを
してくれるので
とても信頼しています。


術後3ヶ月が経とうしている今、
だいぶ骨がついてきて
歩けるようにもなっているわけですが


それでもなかなか
体重をうまくかけることができず


重心が外に流れたり
左脚の方に偏ったりしているようで


自分の意思とは関係なく
あちこちの筋肉が痛みます。


その痛みが日によって違うのですが、
理学療法士の先生は
私の言葉から筋肉の組成をイメージして


直接痛いと感じている部位とは違う場所
をグイッと押していきます。


なぜそこを・・・
と思うのですが、
やっぱり押されたところは痛くて


少し我慢をしていると
終わったころにはラクに歩けるように
なっているから不思議ですね。


たった40分間の治療ですが、
最近の私にとって
この時間が最も幸せを感じるときです。


治療にはもちろん技術が重要だけれど
その前に、人格やコミュニケーション能力
も大事だと思われます。


患者である私の言葉に耳を傾け
的確に治療のツボを押したり
筋を伸ばしたり、


そしてまた私の反応を見ながら
力の強弱を調整していく


これを自然な会話の中で
やってのける先生には
毎回感心します。


会話の中には
いろんなヒントが隠されているので


そういうポイントを聞き逃さずに
さり気なく相手の気持ちを受け止める
ことができると、信頼感が増します。


不動産投資でも他のビジネスでも
同じことが言えますね。


また先日は、その先生のところへ
これから理学療法士の資格を取ろう
としている大学生が研修に来ていました。


その学生さんに、私の治療をしながら
先生がOJTでの指導をします。


その時、先生はおっしゃいました。


「知識は学べば得られる。
 技術は経験によって身に付く。


 でもコミュニケーション力は
 ノウハウでは覚えられない。


 人それぞれにやり方が違うし、
 相手によっても変わるから
 

 テキストやマニュアルを
 あてにしてはダメ。」


うーん、なるほど。と頷いていると、
その先生は突然、


「桜木さん、せっかくだから
 これから社会に出る学生さんに
 社会人にとって一番大切なことは何か、
 教えてあげてください。」


といたずらっぽい表情で、
こちらに質問を投げかけました。


私はちょっと考えて、


コミュニケーション力については
もう言われてしまったので、あと
強いて言えば、「謙虚さ」ですかね。


と答えました。


「一流の仕事人は、人間も一流」
というのが私の持論で、


長年サラリーマンを経験してきた中で
仕事柄、プロカメラマンとご一緒
させていただくことが多かったのですが、


ものすごい大物の写真家さんに限って
とても気さくで、気配りのできる人
ばかりでしたし、


そういう方々は年齢や立場に関係なく
常に謙虚でいることが
周りの人々を惹きつけている
と感じていました。


でもその学生さんに対しては
「自分が偉くなっても謙虚でいてね」
という思いで言ったのではなく


大先輩や大御所の先生であっても
臆さず素直に相談すれば
きっと良い方向に導いてくれる、


一流の人は人間も一流だから
その人格を信じて
正面から向き合った方が良いですよ


という意図をお伝えしました。


どこまで通じたかはわかりませんが
そう言いながら私自身も


年齢やキャリアに奢らず
人の話を聞くときも、
人から尋ねられるときも、


つねに謙虚な姿勢でいたいな
と改めて感じた次第です。


どんな世界でも
謙虚さとコミュニケーション力は
社会人にとって欠かせないマナー
ですね。





===================
ブログ700号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================





*******************
前号のブログ
不動産投資はどれがいい?
*******************






?Gg[???ubN}[N??