不動産会社に騙されないコツとは?








ほとんど不動産投資経験の無い方が
まともな物件を買うには
不動産会社の協力が不可欠です。


それでも残念ながら
一般的に不動産会社のイメージは
あまり良いものではなく


騙されるんじゃないか、とか
売りつけられるんじゃないか、
と思う人も少なくありません。


そこで、良い不動産会社を
見極めるポイントについて
考えてみます。


世の中に投資家はたくさんいるけれど
その人達に収益不動産の売買仲介を行う
不動産会社も


参入障壁が非常に低いことから
次々に生まれ、うまくいかないところは
すぐに市場から撤退していきます。


不動産会社は物件を売ることが仕事
ですから、
当然ながら顧客を探しています。


そして、セミナーを開催したり
ホームページに広告を出したりして


「物件を買いたい」という人を
見つけたとき、


ここからの行動で
不動産会社の良し悪しがわかります。


好ましくない不動産会社は
顧客を見つけると、
すぐに物件を紹介してくれます。


え? 紹介してくれるんだから
良いんじゃないの?


と思うかもしれませんが
大きな間違いです。


物件購入には融資がつきものだし
良い物件、というのは、
規模や場所、収益性、修繕の可能性など
人によって大きく異なります。


そういうことを把握せずに
とにかく表面的に良さそうな物件を
誰でもかれでも紹介してくるところは


まさに「早く売りたいだけ」
「売ったらそれっきり」
となる可能性が高いです。


素人の顧客は
どうせ専門的なことはわからない
だろうから


その物件の良いところだけをアピールして
あとは何があっても購入者の自己責任に
しておけば良い


と思っているかもしれません。


一方、きちんとした商売をしている
不動産会社は


一度 良い結果を出した顧客は、
その後も物件を買い続けるケースが
多いし、


何より融資を通すことができないと
それまで準備してきた時間と労力が
無駄になるので


良い物件を持っているところほど
物件の紹介は慎重になります。


それどころか、
目標が定まっていない人や
決断力のない人、行動が遅い人は
相手にしていられません。


さらに、知識もなく努力もしない投資家に
良い物件を買われて


所有後に空室が出たり修繕費がかかって、
「いいがかり」のようなクレームをされても
面倒なだけなのです。


ですので、最初にいきなり物件を
紹介することはなく


まず面談をして、
その人が今どんな状態なのか


どういった不動産投資をしたくて
目標はどこにあるか


ということを聞き出した上で
それに合う物件があれば
紹介してくれるようになります。


したがって、不動産会社に接するときの
心構えとして


安易に物件を紹介してくるところは
どこまで親身になってくれているのか
疑ってかかった方が良いし、


なかなか物件を紹介してくれないところは
自分のアピールが足りないか
本当に適切な物件がないか
のいずれかと思った方が良いです。


こう考えると、
初めて出会った不動産会社に
自分のことをろくに話さないうちに


いきなり物件紹介を求めるのは
最初からリスクが高い道を
自ら選んでいることになるのです。


不動産会社にとって
私たち投資家は、たしかに顧客になる
わけですが、


普通に商品を買う「お客様」ではなく
長い付き合いを続けていく
「ビジネスパートナー」と捉えているので


投資家自身も不動産会社との
コミュニケーションの中で


甘えすぎないように
気をつけた方が良いですね。






信頼できる不動産会社と
効率的に出逢いたい方は

ぜひ「不動産投資プラチナ講座」に
お越しください。

詳しくはこちら。




===================
ブログ700号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================





*******************
前号のブログ
良い不動産会社と出逢うには?
*******************




?Gg[???ubN}[N??