自分が目指す人と不動産投資







自分が目指しているものを
達成するためには


すでにその結果を得ている人を見つけて
徹底的に話を聞いたり
できるだけその人の真似をすると良い


と言われています。


不動産投資だけでなく
いろんなビジネスにおいても
同様のことが当てはまります。


また、不動産投資の世界ではとくに
成功した人が、
後から出てくる人に真似をされて


自分の仕事を奪われたり
立場を危うくされるケースが
ほとんどないため


成功している人ほど
いろんな情報をくれたり
手間をかけてくれたりします。


これは、成功している人の本質が

「与えることで、やがて与えられる」

という人間関係の本質をわかっており
自分の知識や経験、人脈などを
出し惜しみしていると


いつかは自分が孤立してしまう
ということを悟っているからだと
思います。


あるいは、充分に成功している人は
教育と啓蒙、そして社会貢献に
残りの人生をに費やしたい傾向がある


というお話もよく聞きます。


そういった人を見つけたら
常に接触を持つようにして
その人の言うことを素直に聞くようにすると


かなりうまくいく可能性が高いです。


私が不動産投資を始めた頃は
何も勉強せず、まったく知識がなく


ただ言われたままの物件を購入する
というような、浅はかなことを
していました。


しかし、あるセミナーに参加して
その講師の方が自分の目指す姿に近い、
と感じたので


それから二週間考えて
その後、その人の塾に入りました。


その人は、人間のタイプとしては
私とはまったく違う感じでしたが、


なぜか不動産投資のことにかけては
バッチリ、私もこうなりたい
と尊敬できたわけです。


その人は当時、新築アパートを2棟
所有している私に


「貴方はマイナスからのスタートですね」


と言い放ち、その時には
なぜマイナスなのか、
教えてくれませんでした。


でも入塾してすぐに
「与信を毀損する」ということが
どういうことなのか、がわかりました。


そして、その人の方針は

・積算を重視しない
・利回りよりも返済比率が大事
・物件は所有したらずっと持ち続ける


この3つでした。


今の私なら、これがどのような根拠で
語られたのか、


自分の経験を踏まえて解説することも
できますが、当時は何もわからず


ただ言うことを聞いて
行動し続けただけでした。


その結果、本当におかげさまで
時間はかかったものの、


思い描いていた状態を
手に入れることができました。


指導者の言葉の根拠というものは
たとえその時にわからなくても
信頼するに値する人ならば


ときには盲信することも
いいかもしれない、と思いました。


ただし、
もしかしたら凡人レベルの小金持ちで
ちょっとまわりの人よりも
仕事がうまくいっていて収入も高い


というような人を「成功者」と
間違えると、その人の指導を聞いても
うまくいかないことになりますね。


成功の定義は世の中に定められた
ものがないので
それは自分で決めるしかないのです。


自分がこうなりたい、と思った人を
信じて、


もしくはこうなりたいと思わない人の
言うことには左右されずに


自分の目指すべき道を
進んでいけるといいですね。




正しい目標設定と物件選びをしたい方は
ぜひ「不動産投資プラチナ講座」に
お越しください。


確実なアドバイスと事例をご紹介します。


詳しくはこちら。




===================
ブログ700号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================





*******************
前号のブログ
危うい目標と不動産投資
*******************

?Gg[???ubN}[N??