不動産投資を始めたきっかけは?








不動産投資を始めたキッカケは何ですか?

という問いには

明確な答えを持っているといいです。


そうすると、2つの効果があるからです。


1つは、
周りの仲間が共感してくれる
同じきっかけで不動産投資を始めた先輩の
話が説得力をもって伝わってくる

ということです。


2つ目は、
苦しいとき、うまくいかないときに、
あきらめない根拠になります。


これはかなり重要なことで
そもそも自分がなんで不動産投資を
始めたのだろう、


ということがわからなくなると


なかなか物件が見つからなかったり
融資が通らなかったりと、
うまくいかないときにすぐ


こんな大変なことはやめよう
とあきらめてしまうことになります。


それでも、お金を稼ぎたいという気持ちは
相変わらず持ち続けているため


他の投資案件に気持ちが移ったり
カンタンにお金が稼げそうな話にのって
またそのための資金を投じたりして


結局お金と時間を無駄にしてしまいかね
ないのです。


私が不動産投資をしようと思った
きっかけは、


サラリーマンとしてある程度の実績を
出していたとき、


それでも一向に収入が増えず
会社での立場も大して良くならず


このままでは近い将来
必ず収入減となり、そうなった時に
今の生活を維持できるはずはない


と思ったからです。


そして、不動産投資と併行して
片っ端からいろんな副業ビジネスに
手を出しました。


・インターネットビジネス
・アフィリエイト
・FX
・輸出転売
・ネットワークビジネス
・仮想通貨


などなど、少しでもお金が得られそうな
ものにはとりあえず取り組んでみました。


教材を買ってみたり
塾に入ってみたり、、、


そのどれも、いい加減なものだったり
詐欺まがいのものはなく


きちんとした実績を出せるもので
しっかりした内容でした。


しかし、私自身、集中して取り組むことが
できず、中途半端でやめてしまいました。


こういうものは、
何でもかんでも手を出すのではなく、


一つのことに集中して取り組まないと、
なかなか成果に結びつかないですね。


他のものはあきらめながら、
たった一つだけ結果が出たもの、
それが不動産投資です。


不動産投資が自分に合っている
と思った理由は


・仕組みがとてもシンプルだから
 私のようにパソコンが苦手でも
 やっていける。


・大きなお金を借りられれば
 大きな利益を得ることができる。


・会社の仕事に比べるとはるかに
 カンタンで、労働時間が少ない。


・不動産は「現物」なので
 資産が消えてなくなることがない。


・住居を提供するという仕事は
 一種の社会貢献ともいえる。


といった感じです。


これは、何かの本を読んで
そう書いてあったから、というもの
ではなく、


すべて自分で実感したものです。


いろんな副業にチャレンジしたのは
とにかく現状を変えたかったら。


このままでは確実にジリ貧になる、
という危機感を抱いたからですが、


そこから不動産投資に行き着くまでは
少し遠回りをしました。


それでも、最後には不動産投資に
行き着いて、これは自分にとって
間違いのない選択だったと思います。


そして、不動産投資をやめる
ということは、
またもとの不安な状態に戻る、


もしくは前よりもっとひどくなる
ことが想定されます。


そのことをずっと忘れずにいると
もはや寄り道はせず、
あきらめることもなく


この仕事を極めようという気持ちが
維持できるのですね。


スタート時のきっかけは
もっとも純粋だからこそ
忘れてはいけないものなのです。





初心を忘れたくない方は
ぜひ「不動産投資プラチナ講座」に
お越しください。


詳しくはこちら。





===================
ブログ700号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================





*******************
前号のブログ
モチベーションと不動産投資
*******************

?Gg[???ubN}[N??