平凡な生活と不動産投資








私は不動産投資のおかげで
サラリーマンをリタイアしても


不動産収入だけで生活していくことが
できるようになりました。


会社員だったときのストレスから解放され
時間がかなり自由になりました。


でもだからといって何の苦労もない生活、
誰もが羨むぜいたくな暮らし
をしているのかというと、


決してそんなことはありません。


たしかに不動産投資のおかげで
二人の子どもを海外留学させたり


記念日には欲しかったものを買えたり
妻と平日にランチしたり


家族を連れて海外旅行にでかける
ことができるようになりました。


そういうことができるようになったのは
たぶん、それを自分が一番強く望んだこと
だったからだと思います。


でも実際には、
お金に糸目をつけない生活をしたい
と願ったのではなく


今のところ私が本当に求めるものは
家族が何の心配もなく暮らせる
「平凡な毎日」です。


FacebookなどのSNSで
家族との写真を投稿するのは


平凡な毎日の上に成り立つ「非日常」が
自分の中でトピックになるからです。


写真を撮ったり人前に出るときにだけ
着飾ったり楽しそうな演技をしても



日常がそれと裏腹なものであれば
自分自身は寂しいだけですね。


だから突然のトピックに関する私の投稿は
今日も平凡な毎日が維持できていることの
証として、


たまに出逢うラッキーな出来事に感謝し
自分の歩みを確認しているのです。


私にとって一番手に入れたいのは
まちがいなく「平凡な日常」です。


不動産賃貸業では
・満室が維持できている
・突発的な修繕もない
・入居者のトラブルもない


日常生活では
・病気にならない
・ケガをしない
・事故に遭わない
・揉め事に巻き込まれない
・充分な睡眠が取れる
・悩み事がない


ということが理想ですが、
なかなかこの日常はキープできない
ものです。


ではサラリーマンだったら
収入が安定しているから
平凡な日常を送れているのか


と、上の条件を当てはめてみると
なかなかそうでもありません。


私はサラリーマン時代からずっと
この「平凡な日常」を求めてきましたが
なかなか実現しませんでした。


やがて気づいたことは
波風の立たない人生を送るためには
相当の努力が必要なんだな、
ということです。


つまり、
「平凡を守るための努力は非凡なり」
by桜木大洋


並大抵の努力では、平凡を維持することは
できないと実感しています。


ですので、私が平凡な毎日の証として挙げる
「トピック」の数々は、


この日常がずっと続けられるように
がんばろう、という自分への誓いと、


「あの頃が一番よかったなぁ」と
思われないように、いや自分自身でも
そう思わないように


プレッシャーをかけているのです。


楽しむ時は思いっきり楽しむ。
そしてその状態を維持できるように
また地道な毎日ととことん向き合う。


これの繰り返しです。


いつの時代も「今が一番幸せ」と
言えるように
非凡な努力を続けるしかないですね。







===================
ブログ700号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================





*******************
前号のブログ
セミナー受講と不動産投資
*******************
?Gg[???ubN}[N??