不動産投資はなぜ難しいのか







不動産投資を始めようと思っても
なかなか一歩が踏み出せなかったり


実際に少しの知識を得て
あとは行動するだけ、ということが
わかっていても手を出せない


という人がたくさんいます。



1.不動産投資に踏み出せない理由


・自分は年収が低いから
・勤続年数が短いから
・まだ自己資金がないから


・年齢的にも若くないから
・お金を貸してくれる金融機関がないから
・物件が高いから


・高額の融資が怖いから
・賃貸管理が大変そうだから
・リスクがたくさんありそうだから


などなど、挙げたらキリがありません。


そうして、世の中にたくさんいる
不動産投資でうまく行っている人の
話を聞いたり本を読んだりしても


やっぱり自分とは違うな、と
先に成功している人はきっと
時期とか運がよかったんだと思い込んで


自分では「やらない理由」や
「できない理由」を探し出し、
納得しているのです。


そういう人に限って
よく勉強したり、セミナーに出席したり
情報を得ることには長けています。


そして多くのリスクを探し出し
うまくいっていない人や失敗した人の話
には特に敏感になったりして


やっぱりやめておいた方がいい
うまくいくはずがない
という結論になるのです。


私の実体験では
確かに不動産投資は難しい。
リスクもたくさんあります。



2. なぜ不動産投資は難しいのか。


難しさには大きく分けて2通りあり、
そもそも覚えるのが難しい、という場合と


覚えても、続けることが難しい、
というケース。


不動産投資は、仕組み自体は
とてもシンプルで


収益物件を購入して運営するまでに
ものすごく勉強しなければならないか
というと、そんなことはありません。


ちょっとした用語を覚え、
数値の計算方法を覚えたら
あとは物件を探すだけです。


でも、ここから先が、
しいて言えば難しい。


物件を探すといっても
ポータルサイトなどで見かける物件は
ほとんど売れ残り物件なので


不動産会社の人との人脈を築いて
未公開物件を紹介してもらえるように
なる必要があります。


そして物件が見つかっても
大抵の場合、なかなか融資が通りません。


では他にやることがあるのか、というと
ほとんどないですね。


とにかく物件を探して融資を申し込む、
この繰り返しです。


言ってみればカンタンなことなのですが、
何度やっても結果が出ないので
難しいと感じるのです。


私も、365日毎日物件を探し続けて
たまに良さそうな物件が見つかっても


結局、融資が通らなかったり
売り主の気が変わったりして
うまくいかないことがほとんどです。


一年に一棟買えるか買えないか
といった程度です。


買えるまでは、長い長い、先の見えない
トンネルの中を歩いているような
気分になります。


これを、難しい、と捉えるか
ひたすら繰り返すだけだからカンタン
と考えるかは、その人次第です。


不動産投資は誰でもできるけれど
多くの人が、できない、難しい、
と思ってしまうのは


情報を集めすぎて
自分がやるべきシンプルなことが
見えなくなってしまうから


かもしれませんね。






===================
ブログ700号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================





*******************
前号のブログ
出逢いの秘訣と不動産投資
*******************


?Gg[???ubN}[N??