副業サラリーマンの本音と実感








私が主宰するプラチナ講座に
二年前から参加してくださっている方
と会食をする機会がありました。


お付き合いは長いはずのに
一緒に飲みながらじっくり会話をする
のは初めて。


そういえば私は
どういうわけかなかなか夜の宴席に
声がかかりません。


お声がけいただければ他に用事がない限り
ぜひ参加したい、という気構えなのですが
周りの方々にはあまり伝わっていない
ようですね。


でも今回はタイミング良くお誘い
いただいたので、たっぷりと
お話を聞くことができました。


一番嬉しかったのは
「あの時、意を決してプラチナ講座に
参加して以来、今日までに2棟の物件が
買えました。」


と言ってくださったこと。


私がとくにお手伝いしたわけではなく、
ご自身があきらめずに行動し続けた結果
なのですが、


それでも「きっかけ」や「マインド」の
部分で、


少しばかり私が貢献していたようで
こういうお話を聞くと、私自身も
モチベーションが上がります。


そして、
その方は今もサラリーマンをしながら
不動産から安定した副収入を得ている
わけですが、今の状態を振り返って


やはり、不動産投資をやったことで
人生が変わったそうです。




そこで私は
「同じサラリーマンの方で、なかなか
不動産投資に踏み出せない人がいますが


そういう方々に言いたいことは
ありますか?」


と尋ねてみたところ
とても実感のこもったメッセージを
いただきました。



一歩を踏み出せないサラリーマンに
伝えたいこととは?


1.「副業禁止」を逃げ口上に
  していないか。


勤務先に副業禁止の規定があっても、
競合他社の仕事をするわけじゃなし、
遺産相続だって普通にあるのだから


不動産賃貸業が他のアルバイトみたいな
ものとは大きく違うはず。


副業禁止だから不動産投資をやらない、
というのは


挑戦する勇気がない人の言い訳だと
思ってしまいます。



2. 融資は生命保険代わりにもなると
  覚えておいた方がいい。


今、個人で物件を所有し、融資と同時に
団体信用生命保険に加入しているので
万が一の時は物件の負債が免除されます。


これで普通の生命保険に入るよりも
ずっと大きな資産が残せます。
家族のためにも物件+団信はオススメ。



3. 一生懸命働きすぎでは?


周りの人を見ていると、
オフィスにいる間、とにかく一心不乱に
仕事をしている人がいます。


私は物件を所有してから、
精神的に余裕ができて


この会社での仕事や、
この職場で出世することがすべてだとは
思わなくなりました。


ですので上司に媚びることもなく
自分の意見をしっかり言えるようになり


逆にそれが好感を持たれたようで
結果的に二階級昇進することも
できました。



4. やらないことが最大のリスク


不動産投資を始めて一番実感することは
いろんな局面で
「やってよかった」と思うことです。


職場の人たちと会話をするのは
主に仕事終わりで行く飲み会。


そこではその日一日、
会社で起きたことの評論やグチばかり。


そこで得られるものは何もないと
思っているので、できるだけ
職場の飲み会には参加しないように
しています。


それよりも、不動産投資で知り合った
友人と、会社とは関係ない分野で


いろんな情報交換をした方が
ずっとためになります。


会社にいると、どうしても
会社の価値観に引きずられて


他のビジネスに目を向けることは
リスクが大きいだけ、という考え方に
なってしまいがちですが、


5年後、10年後を考えると
今のまま何もしない方が
よほどリスクが高い、と思えます。



以上、実際に二年前から勇気を出して
不動産投資を始めたサラリーマンの方
からこんな話を聞くと、


「この人もこっち側に来たな」と感じ
その言葉一つ一つに共感を覚えます。


長い長い不動産投資家人生、
うまくいくこともいかないことも
たくさんありますが、


やっぱり窮屈な現状から脱するために
チャレンジし続ける方が
充実した人生を送れそうですね。


そんな仲間が今も増え続けています。





===================
ブログ700号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================





*******************
前号のブログ
専業大家or副業サラリーマン
*******************




?Gg[???ubN}[N??