不動産投資を継続する秘訣とは?








不動産投資は継続が大事です。


継続というのは
物件を探したり
融資を申し込んだりすることも


たしかにありますが
それだけはありません。


常に学び続けることも大切で
本を読んだり
ニュースを見たり
セミナーに参加したり・・・


これも大抵の人がやっていることです。


行動を続けること
学びを続けること


これが継続できれば良いのですが
人間は弱いもので、
なかなかそうはいきません。


行動と学びを継続するために
大切なもの、


それは、意欲です。


意欲は「想い」とも言い換えられ
単調で退屈な行動や
面白いと感じられないような学びを


繰り返し、やり続ける動機を
もたらしてくれます。


行動と学びの継続は
習慣化することで効果が絶大になり、
やがて大きな成果をもたらします。


つまり、成功の鍵は
「習慣化」にあるのです。


習慣には
「成長するための習慣」と
「停滞するための習慣」があります。


停滞するための習慣とは
このまま続けていても
今の状態が変わらないと
わかっているけれど


これまでの惰性や経験で
ついやってしまうようなことです。


わかっちゃいるけどやめられない
なんとかしたいけど踏ん切りが
つかめない


そんな感じです。


多くの人は、
「停滞する習慣」に甘んじ、
いつか変わらなきゃ、と
思っていたりします。


それでも行動に移せないのは
習慣化に必要な3つの要素のうち
どれかが欠けているからです。


習慣とは、ときには無意識に
行われる行動パターンであり、


それが人格を形成し、
人生に決定的な影響を及ぼすことが
あります。


アメリカの教育改革者だった
ホーレス・マンによると、


「習慣は太い縄のようなもの。
毎日一本ずつ糸を撚(よ)り続けるうちに
断ち切れないほど強い縄になる。」

と言われています。


太い縄となった習慣は、
なかなか断ち切ることは難しいけれど
意識の改革によって


中断することも、
また新たな縄を生み出すことも
可能です。


そして望む結果を得るために
「成長する習慣」とはなにか、を
考えてみます。


「成長する習慣」には3つの要素があり

・知識
・スキル
・意欲

を併せ持つことが必要です。


知識とは、
知らないことを覚える、という
部類のものではなく


目標を達成するために何をするのか
なぜそれをするのか
を追求し、理解することです。


スキルとは、
冒頭でお話したように
学ぶことや行動すること。


そして意欲とは、
それをしたい、という気持ちのことです。


知識・スキル・意欲
この3つがすべてそろって
意識と行動が習慣化したときに


最大の効果を発揮します。


不動産投資での成功を求めるのなら

停滞する習慣から抜け出して
成長への習慣化を目指したいですね。






===================
ブログ700号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================





*******************
前号のブログ
質問の仕方と不動産投資
*******************








?Gg[???ubN}[N??