年金と仕事と不動産投資






最近、新聞でも年金受給の話題が
目につくようになり


今、企業で働く人々=サラリーマンが
年金のことをどのように捉えているのか
気になっています。


5月20日の日経新聞はこちら。



定年は60歳だとしても
年金の受給開始年齢は65歳。


それが67歳になるのか、
70歳になるのか


そしてそのときにもらえる年金の額は
いったいいくらくらいになるのか。


そういうことを今からきちんと考えて
将来に備えた人生設計をするべきだ


という論調がほとんどです。


そのためには、働くことを60歳で
やめるのではなく


67歳、70歳と延長し
身体が元気なうちは


とにかく働いた方が
肉体的にも精神的にも良いことなのだ


ということを、世の中の常識として
今からインプットしていこうという
一方的な策略さえ感じられます。


しかし、一度きりの人生を
より充実させ、幸福でいられるように
するには、と考えるとき


果たして今の仕事を
少しでも長く続けることが
正解と言えるのでしょうか。


お金を得るための方法・考え方は
大きくわけて2つあり


ひとつは、
とにかく時間をかけて
できるだけ多くの「労働」をすること。


もうひとつは
できるだけ時間をかけずに
効率よくお金を増やす「仕組み」を
つくること。


このどちらを選ぶべきなのか、は
個人の価値観によっても変わってきます。


また、たとえ後者を選んだとしても
お金を増やす「しくみ」というものは
そうカンタンにできるものでもなく


ときには前者の、
「ひたすら働き続けること」よりも


多くの努力と精神的な研鑽・修行を
を必要とする場合もあります。


でもここで、整理しておきたいのは
「何をするか」よりも
「どう考えるか」ということです。


将来を考える、ということは
「何をして働くか」と考えることなのか


どんな「暮らし」をしたいか、と
考えることなのか。


収入を増やす、ということは
「何歳まで働くか」と考えることなのか


「どうやってお金を得るか」と
考えることなのか。


現状のままでいることを
「安定」と考えるのか
「リスク」と捉えるか。


不動産投資で結果を出すには
「考え方」の影響が非常に強いです。


もちろんすぐに行動できる人は
それが一番良いのですが


なかなか行動できない時には
「考え方」に新しい刺激を与えると
良いです。


新しい刺激を得るためには
自分が今までに関わって来なかった人と
できるだけたくさん出会うことです。


今、不動産投資は一層イメージが悪く
なってきており


世の中の多くの人は
「そんなことはやらない方が良い」
と思うような


一方的な価値観が大半を占めている
のかもしれません。


しかしそんな時こそ、
うまくいっている人と
できるだけ多く関わりを持ち


「考え方」を研ぎ澄ますことが
大切です。


人から与えられた価値観に縛られずに
自分の人生は自分で考える習慣を
心がけたいですね。








===================
ブログ700号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================





*******************
前号のブログ
管理会社から見た成功の秘訣とは?
*******************


?Gg[???ubN}[N??