不動産投資で5年後の理想を叶えるには?







世の中のビジネスマンには
大きくわけて2つのタイプがあります。


一つは「起業家タイプ」。


収入を増やし、
自由な時間を得ることを目指して
さまざまな工夫をしていく人。


もう一つは「従業員タイプ」。


与えられた役割の中で
収入を得るために時間を惜しまず
精一杯働く人。


このどちらが多くの収入を得られるのか
は、もちろん人によって異なりますし


どちらが自分に向いているのかも
その人の価値観・生き方に委ねられます。


ただ、ある筋のデータによると社会全体の
15%が起業家タイプ
85%が従業員タイプ


と言われており、起業家タイプの人は
7人に一人しかいないことになります。


電車に乗って7人がけの椅子を眺めると
その中に起業家はたった一人
というイメージです。


今まで従業員タイプだった人が
もっと収入を増やしたい
もっと時間を自由につかいたい


と思って起業家タイプに変わるには
マインドの改革が必要です。


従業員でいることのメリットは
仕事がうまくいかなくても
自分が病気や怪我で仕事を休んでも


それほど給料が変わらない
ということが挙げられます。


一方、起業家は
仕事の出来と収入が比例し、
何をやるか、というところから自己責任。


働くことを止めてしまえば
収入がストップしてしまいます。


このリスク、つまり
うまくいなかったらどうしよう
何かあったらどうしよう


という不安が、従業員タイプの人には
「リスク」として
そこへ踏み込むことを思い留まらせます。


起業家マインドがきちんと育つには
最低5年はがんばって、


収入を得る仕組みを
構築する必要があります。


たとえ低収入・無収入でも努力を続け、
ときには自己投資・資本投資をして
退路を断つ、くらいの覚悟が必要です。


やがてその道で結果を出すと、
それは単に一時の収入にとどまらず
継続・安定した収入となって


その先の労働をラクにして
時間にもゆとりを持てるように
なります。


その一番わかりやすい手段が
不動産投資ですね。


不動産投資で望む結果を得るためには
従業員マインドからは想像もできない


不安や気苦労を乗り越える必要が
あります。


しかしその先には
従業員マインドからは想像し得なかった


金銭的・時間的自由があり、
新たな視野と価値観が開けます。


従業員マインドから
起業家マインドに変えるには


もしくはどちらが自分に合うのか
考えてみたい時には


「5年後の自分の姿」を
真剣にイメージしてみることです。


今の世の中、
5年後の自分の「理想の姿」は


自分の意思と行動によって
叶えることができるものです。


ポイントは5年後の理想の姿を
いかに「具体的に」イメージできるか
ですね。


いくらの収入を得ているか
時間をどのように過ごしているか


それが今の自分の延長線上にある
のであれば、問題ありません。


しかしそこに大きなギャップを
感じるのならば



強い決意と、勇気と行動で
自分を変えてみることが必要ですね。






===================
ブログ700号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================





*******************
前号のブログ
不動産投資をしながら睡眠時間を確保するための本当の対策とは?
*******************

?Gg[???ubN}[N??