不動産投資で1億円借りるマインドはこれだ!







不動産投資は大抵の場合
高額な融資を受けて行うわけですが


いくらくらいまで借りられるか
という問題があります。


この「いくらまで」ということを
属性や自己資金に関わらず


必要なだけ借りられるとしたら
いくらまで借りたいか、
と考えてみます。


すでに何棟か所有している人は
そんなの、借りられるなら


上限無くいくらでも借りたい
と思うかもしれませんが


実際に1億円、2億円など
自分の家よりもずっと高額の

契約書に判を押すのには
少し勇気が要るかもしれません。


なにかトラブルが起こったら、
借金を返せなくなったら困るから


ということで、まずは
500万円、せめて1,000万円、


がんばって2,000万円くらいから
始めたい、と思う気持ちもわかります。


しかし私の場合、
そういうことは考えませんでした。


誤解を恐れずに表現すると、
500万円や1,000万円くらいの負債は


万が一のときに、
必死で働いて返せばいい とか
いざとなったら親に頼み込んで借りる


とか、とにかく自分の力で返そう
という気持ちがはたらくかもしれません。


しかし、1億とか2億とか、
そんな大きなお金は、普通の人間が
どんなに頑張って働いても


「労働」の対価として得られる規模では
なくなってきます。


そんなことは銀行だって
百も承知なわけだから、


もしも返せなくなったら
「死にもの狂いで働いて返せ」、
なんて考えていないと思います。


そのために、不動産への融資には
担保設定があり、もしも返済が滞ったら


物件を取り上げ、売却することで
リスク回避をするものです。


だからといって、あまりナメてかかっては
いけないのですが、


担保設定という概念がある
不動産融資の場合、


1,000万円より1億円の方が
リスクが10倍になる、なんてことはなく
さらにもっと開き直ると


1億でも10億でも
どうせ働いて返すものじゃない
という点では同じ。


それならできるだけ大きい金額の方が
手元に残るキャッシュも大きくなります。


不動産投資はあくまでも「事業」であり、
お金を借りて運営するのは
自然なことです。


借金の額は事業の大きさにほぼ比例し
得られるキャッシュ(手残り)が
物件総額の2%と見た時に


1,000万円なら20万円
1億円なら200万円
10億円なら2,000万円 となります。


このように、高額の融資を受けた方が
得られるキャッシュの額は大きくなり


効率的・短期的にお金を貯められる
ようになります。


このことに後から気付いても
それからではなかなか大きな額は
貸してもらえません。


だから、どうせ借りるなら最初から、
できるだけ大きい額にチャレンジしたい、
というのが私の考えです。


1,000万円の物件を10棟買うのと
1億円の物件を1棟買うのでは


それぞれに手間もリスクも異なります。
そこは購入者の考え方次第です。


できるだけ高額な物件を狙い
短期間で効率よくキャッシュを貯める


これはあくまでも
自己資金0円からはじめた私の
切実なる行動指針だったわけですが


投資にはさまざまな価値観があるので
どこに力点を置くか、ですね。


要は、◯億円の融資はどうせムリだとか
返せなくなったらどうしようなどと


はじめから決めつけずに
何がしたいのか、どうしたらできるのか、
を常に考えていくことが本質です。






===================
ブログ700号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================



*******************
前号のブログ
本気で不動産投資と向き合うには
*******************
?Gg[???ubN}[N??