不動産投資マインドにつながる価格の裏側とは?







モノの価値、というものは
値段だけでは測れない、と
常々思います。


私はかつて
写真を趣味とする人たちに


撮影の仕方やカメラの選び方を
アドバイスする仕事をしていましたが、


たとえば定年退職して時間があり
何か趣味を見つけたい、という方が


とりあえずカメラに興味を持って
写真教室などに通うケースがあります。


そして初めてのカメラを購入するとき
知識がないので簡単に使えるもの、
プロじゃないのでできるだけ安いもの


を選ぼうとする人が多いです。


しかし、カメラは実はそれほど
難しいものではなく、


やってみれば誰でもすぐに
覚えられるし、


スマホやコンパクトカメラとは
ひと味ちがう写真を撮るために


ある程度のカメラ機能も
すぐに使えるようになります。


でも比較的、低価格のカメラは
操作が一つのボタンにまとめられて


何も考えなくてもキレイな写真が
撮れるけれど、


逆に「もっとこうしたい」と思うときには
かえって複雑な操作をしなければ
ならなかったり、


そもそもその機能がついていない、
ということになりがちです。


写真の価値がわかってくると
品質にも敏感になり、


画像の品質はレンズに大きく影響
されます。


すると、広角から望遠まで
1本で広い範囲をカバーするものより


それぞれの用途に合ったレンズを
使い分ける方が高画質なんだ
ということに、誰でも気づきます。


価値がわからないうちは
購入の判断基準がとかく値段に
集中しがちですが、


良いものの価値がわかってくると
最初に買った安いものでは満足できず
結局買い直してしまう、


というハメになってしまう人を
たくさん見てきました。


「安物買いのゼニ失い」
とはよく言ったものです。


また、知識がないから安いもので良い
と考える人ばかりではありません。


私はかつて、カメラの商品企画を担当し
使い捨てのように次々と飽きられてしまう
デジタルカメラのかカテゴリーで


一生使ってもらえるカメラを作りたいと、
それまでの人脈と知識と経験を
フルに活用して最高のカメラに仕上げたら


12万5千円になりました。


当時、1万円のカメラが流行していた時代
に、「そんな高いカメラ、誰が買うの?」
と社内では批判されることもありました。


ところが市場に出してみて、
一番反響が良かったのが
20代・30代の女性です。


日頃からバッグや洋服など
ブランドものに理解があり


高価なものは品質が良い
という価値観に慣れている彼女たちは


専門知識がないからこそ
高いものだからきっと長く使えると思う
と素直に信じ


12万円以上もする高級カメラに
迷わず投資できるのでした。


高ければ良い、というわけでも
決してありませんが、


高価なものにはそれなりの価値がある
と思って、まずは調べたり覚えたり
することで、知識や教養が深まることも
あります。


こういう購買・消費マインドは
投資をする際のセンスにもつながります。


もちろん不動産投資の場合にも
安いものを買って必ずしも損する、
または得する、とは限らないし


価格が高ければ安心、というわけにも
いきません。


商品価値を理解するためには
まず知識を得ること、


そして次に、物件の価値が
単に価格や利回りだけで決められる
のではなく、


所有後の運営によって
大きく変わっていくことも
きちんと踏まえておく必要があります。


利回りが高いからお買い得だ、
築浅で一都三県だから安心、


などという表面的な言葉に踊らされて
大切なゼニを失わないように
気をつけたいですね。




===================
ブログ700号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================



*******************
前号のブログ
不動産投資の利回りはどれだけ重要か?
*******************


?Gg[???ubN}[N??