老後の生活不安と不動産投資






高校の同窓会に行ってきました。


卒業したのはもう30年以上も
前のこと。


私が通っていた高校は
都内にある進学校でしたが、
9クラスもある大きな学校で


しかも私は3年生のときから
私立文系コースを選択していたので
必修科目が3教科のみで


週に2日しか学校に行かず
部活もやっていませんでした。


このため、30年ぶりに同窓会が
あっても、かなりの人が
初めて会う人だったりします。


かつてのクラスメートはさすがに
かろうじて顔と名前が
一致するくらいですが


高校卒業後はどんな人生を歩んできたのか
お互いにまったく知らないわけです。


そういう状態の人は私だけではないので
同窓会の会場には卒業アルバムが
持ち込まれ、


なんとなく見たことはあるな、
という程度の友達の写真を見つけ、


現在の姿と照らし合わせて
当時を思い出しながら
かなり盛り上がったりします。


そうしてスタート時の敬語がタメ口に
変わる頃、「今何しているの?」
ということを聞き始めます。


かつて20代・30代の頃にあった
そんな旧友との再会の場面では


お互いに名刺を交換しながら
そこに書かれている会社名や肩書を
話題にし、


「すごいなー」
「いやぁ、そうでもないよー」


なんていう言葉を交わしながら、
仕事の内容について情報交換を
し合ったりしていました。


ところが、50歳を過ぎた近頃は、
そんな会話は一切ありません。


男性も女性も、
仕事の話にはまったくならず


ほぼ忘れかけていた高校時代の話と
今の趣味、そして家族の話くらいです。


ほとんどの同級生が
スマホを見る時、必ずと言っていいほど
手を伸ばして遠ざけます。


そして老眼の話になり、
健康や病気の話題が始まり


いつ、◯◯が入院したんだよ、
とかいう話になります。


一生懸命に働いた年代を過ぎ
子育ても一通り終わってくると


共通の話題は健康について
くらいになってくるのかもしれません。


しかし、2017年7月の厚生労働省発表
によると


日本人の平均寿命は
女性:87.14歳
男性:80.98歳


75歳まで生きる割合は
女性:87.8%
男性:75.1%


となっています。


今、50歳の人でも
あと20年?30年は
元気で生きられる確率が高いのです。


その間、お金を節約して過ごすしかない
としたら、実にもったいないことです。


それでいて、いざお金が必要なときには
時間と労力をかけて働くしかない
というのでは


今度はいよいよ体力・健康・命のリスクが
一層高まることにつながります。


そんなときに備えて、
あまり時間と労力をかけずに
お金を得られる仕組みを


真剣に準備しておくことが大切です。


30年ぶりに再会した高校の同窓生とは
残念ながらそこまでの深い議論をする
までには至りませんでした。


不動産投資は表面的に捉えると
単に危ないことだと思われたり


ダマそうとしているんじゃないかと
勘違いされたりすることも
あり得るからです。


何が本当のリスクなのか
何が本当の幸せなのか


それもまた自分自身でしか気づけない
ことなので


それを自覚して行動できる人を
ひたすら待つことしか
私にはできません。


一人でも多くの人が
一日も早くそのことに目覚めてくれる
ために


そして何より、自分自身が
ずっと現役でいられるように
私は執筆活動や講演活動を続けています。






===================
ブログ800号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================




*******************
前号のブログ
不動産投資で得たお金のつかいみち
*******************
?Gg[???ubN}[N??