健康チェックと不動産投資







人が幸せを感じるための要素は

「お金」
「時間」
「健康」
「人間関係」

の4つです。


このうち「健康」は、最も意識が低く
なりがちな要素です。


なぜなら、何も問題のない状態が
理想の状態であったりするので


それが当たり前になってくると
ついその大切さを忘れてしまいがち
だからです。


30代くらいまでなら
意識せず、普通の生活をしていれば
特に健康を損なうことも少ないかも
しれませんが、



40代になるとだんだん意識して
気をつけざるを得なくなり


50代では次第に、努力しなければ
健康な状態が維持できない
と感じるようになります。


太ったり、疲れたり、
怪我をしたり病気をしたりすると、


ようやくそれまで問題がなかったことに
気づかされ、健康のありがたさを
しみじみ感じたりするものです。


つい先日、健康診断を受診してきました。


サラリーマンだった頃は
会社の福利厚生活動の一環として
強制的に日程が組まれてきましたが


フリーになると、
全国健康保険協会というところから
一年に一度、お知らせが届き


近隣の指定病院に自分で予約を入れて
受診する、というシステムになります。


4月頃にお知らせが来て
3月末までに受診しなさい


と、非常にゆったりしたスケジュール感
でもあり、昨年はうっかり受診しないまま
一年が過ぎてしまいました。


これではいけないと思い、
お知らせが来てすぐに日程を決めて
申し込みました。


やらなければいけないことは
いつかやる、のではなく、今すぐやる。
これが行動原則ですね。


ここまではよかったのですが、
実際、半日かけて受けた健康診断の結果は
惨敗・・・


およそ二年ぶりだったこともあり
すっかり健康管理の意識からは
遠のいていたことを


数値で思い知らされました。


中性脂肪が増えていることはもちろん、
血液中のLDLコレステロールが
基準値を大幅に越えていました。


この結果、半年間の管理栄養士による
指導を余儀なくされ、


毎月、ちゃんと努力しているかを
メールで確認される羽目になりました。


何を努力するのか、というと
スナック菓子を3分の1にすること。


恥ずかしながら私は小さい頃から
スナック菓子が大好きで、


文章を書く時やテレビを観るとき
ほぼ必ずお菓子を食べます。


1年半前と3年前にデトックスを
したときには、お菓子もバッチリ
排除できたのですが、


時間が経つにつれて
少しくらいは良いだろう、となり


気づくと毎日欠かさず食べるように
なってしまいました。


25歳の可愛い女性栄養士さんは
「お菓子、我慢できますか?」


なんて、子どもをさとすように
微笑みかけてくれて
力が抜ける思いがしますが


「そんなにお菓子が悪いんですか?」
と思わず反抗している自分にも
情けなくなりました。


LDLコレステロール値が高いと
いわゆる血液ドロドロの状態で
血液中に塊ができるようになり


これがいよいよ固まってしまうと
脳梗塞とか脳卒中の原因になるんですよ、


と、とてもわかりやすい図解で
解説をしてくれます。


理屈ではわかっているつもりですが
自分の身体のことをリアルに説明されると
さすがに見過ごせない危機感を覚えます。


そしてこういう状態でいると
不動産投資で重要な、融資を受ける際


団体信用生命保険にも加入できなくなり
個人融資が受けられなくなります。


個人で融資を受けようと思う人は
血液検査はいつでもクリアできるよう
特に留意すべきです。


そもそも仕事のために
健康でいるわけではなく


幸せな人生を送るために
絶対必須のことですから


日々の健康チェックは
お金や時間、人間関係と同じくらい
真剣に取り組んだ方が良いですね。




===================
ブログ800号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================




*******************
前号のブログ
大都市圏で空き家が増える?
*******************
?Gg[???ubN}[N??