肩コリと不動産投資






久しぶりにぐっすり眠り、
朝、というよりお昼に目が覚めると


ものすごく左半身の首と肩が
凝り固まっている感じがしました。


私は日頃、あまり「肩が凝る」という
実感はないのですが、


疲れや睡眠不足がたまると
一気に首が回らなくなるくらい
重症になります。


日々はただ鈍感なだけで
実はとても筋肉が張っているようですね。


さすがにこのままでは
パソコンもろくに打てないと思い、


近所のマッサージ店を
ネット検索してみました。



すると、最寄り駅に隣接しているビルに
2つのマッサージ店がありました。


ネット検索の便利なところは
そのお店の評判も合わせて見られるところ。


A店は☆の数が平均で2.1。
B店は☆の数が平均で4.5。


ただしどちらも評価している人数は
10名未満でした。


まずはB店の予約にアクセス
してみましたが


さすが人気店のようで、
平日の昼間でも全く空きがなくて
あきらめました。


そして星の数平均2.1のA店の
レビュー書き込みを見てみると


「マッサージが下手」
「よくこんな技術でお金を取れる」
「二度といかない」

「彼らは白人がキライなのか?
 とにかくお勧めできない」
(外国人観光客)


などなど、それはそれは酷評の
オンパレード。


これにはさすがに不安がよぎりますが
とにかくこのままでは何もできないな
と思ったことと、


ちょうど妻も同じビルに用事があった
ので、とにかくすぐに出かけて
いきました。


やはり☆の数平均2.1のA店は
予約無しでもすぐに入れました。


だけど雰囲気はまったく問題なく
静かに施術を受けられる環境が
整っていました。


なんだか話の苦手そうな男の人が
出てきて、黙々と、まずは
35分間のマッサージ。


ところが、なんとバッチリ
私がやって欲しいマッサージを
随所にやってもらえました。


気の利いた会話はありませんが、
きちんと私の状態を理解してくれて


揉みほぐしの力具合も
言えばちゃんと調整してくれました。


まあ、言ってみれば
これ以上望むべくもない
満足度です。


ネットの評判って、ホントに
あてにならないなー、と実感しました。


残念に感じた人は、たしかに事実
なのでしょうけれど、


それをお店だけのせいにするのが
真実なのでしょうか。


マッサージなんていうものは
料理や商品と違って、


受ける人の状態に合わせて
いかようにも変化するものです。


身体の部位やもみほぐす力に
数値化されたオーダーはできない
のですから


やってもらいながら自分で
伝えるしかないのです。


つまり、コミュニケーション力が
影響します。


どこが効いているとか、もっと強い力で
とか、相手に伝えることで
自分がより快適になるものです。


黙っていても、たまたま施術者のセンスが
合って、気持ちよくなれることがあるかも
しれませんが、


普通に考えれば、個別事情によって
微妙に変わる自分の身体の状態を
きちんと伝えることが必要なはずです。



ここで、1対1の
コミュニケーションの基本を
学ぶことができます。


・まずは相手を褒めること。
・次に自分の課題を伝える。
・相手を信頼する。


マッサージで言えば
・気持ち良い瞬間に、それを伝える。
・どこをどうしてもらいたいのか
 できるだけ正確に伝える。


ということでお互いの理解を深め
最後には


「あなたを信頼して30分延長しますので
最善のメニューでお願いします。」


と言うと、「プレッシャーかかりますね」
と言いながら、かなり丁寧に
やり遂げてくれました。


不動産投資もコミュニケーション力が
大きく結果を左右します。


不動産会社や金融機関と話すとき
まず相手に関心を持って


労をねぎらったり、
良いところを素直に褒める、
または感謝することが大切です。


そうして、
まず相手を理解する、
そして自分を理解してもらう


この順番が大事ですね。



===================
ブログ800号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================




*******************
前号のブログ
役に立つ食事と不動産投資
*******************

?Gg[???ubN}[N??