初対面の人と良い関係を築くコツ







高校二年生の息子が、学校の課題で
父親に聞いてみたいことをインタビューし
議事録と感想を1枚の書面にまとめなさい


と言われたらしく
彼にとって今、関心があるテーマを
聞かれました。


それは
「初対面の人とスムーズに
コミュニケーションするポイント」。


なるほど。彼はニュージーランドへ留学中
にもいろんな人との出会いを経験し


人と関わることが人生で非常に重要なキー
になることを体感してきているようです。


私にとって、この奥深いテーマで話すのは
ついついセミナーのようになってしまい
熱が入りそうになりましたが


今回それでは不適切なので
思いとどまりました。


そして、何かの書籍などから
引用するのではなく


日頃、自分の経験から感じていることを
思い出しながら


息子がメモを取りやすいように
簡潔にまとめて話してみました。



初対面の人とスムーズに
コミュニケーションするポイントとは?



1. まず相手の話を聞く。


人はまず、自分のことを
認めてもらいたいもの。


そして自分の話をしている時は
気分が良いものだし、


自分の話を聞いてくれるというだけで
かなり満足度が高くなります。


だからできるだけ相手が話しやすい
ように、


タイミングよく相づちをうつと
「聞いてくれているんだな」
と感じさせられるし


興味を掘り下げるような質問を
してあげることができれば
さらに会話が弾みます。


たとえ内容を記憶できるほどの
集中力で臨まなくても、


「きちんと話を聞いてくれた」
「自分に興味を持ってくれた」


と相手に感じてもらえるように
心がけることです。



2. 自分の話はできるだけ短く。


自分でも相手にアピールしたくなりますが
初対面の人の話をしっかりと聞き取れる人
はそうそういません。


そこに自分のことばかりまくし立てても
相手はうんざりするだけです。


前述の「相手の話を聞く」というのも
実は「話の内容を理解する」というより


「聞く姿勢をみせる」、ことの方が
ずっと大事なことです。


また、簡潔に話すためには
頭の回転の速さが必要だし、


短い言葉の方が相手の印象にも
残りやすいのです。


自分の話は、相手が興味を持って
聞いてきた時にだけ話す


というくらいの心構えで
いたいものです。



3. 約束は、その場で具体化する。


「またいつか会いたいですね」
「今度・・・に行きましょう」


という会話も多いのですが、
ほとんど社交辞令に終わってしまうのでは
ないでしょうか。


しかし出会いは時に運命を変えるほどの
きっかけを持つこともあるので


次に繋げる努力を怠るのは
もったいないことです。


また、本当に会いたいと思っているのに
後日、連絡を取り合って日程を調整すると


かえって余計な手間がかかり
なかなか実現しなくなります。


ですので、お互いに顔を合わせている
その時に、次の予定を決めてしまえば
かなり再会が実現するし


本気度が伝わって
信頼感も芽生えるのです。


実際に私はこのようにして
人との出会いをいろんなご縁に
結びつけてきました。


人にはさまざまなタイプがありますが
その相手と関わりを持とうとする時には


自分を売り込むのではなく、
まず、相手を理解することが必須です。


こうやって息子に話して聞かせながら
実は自分でも再認識する機会を
与えられました。


意識し続けないと
なかなかできないことがありますね。





*******************
前号のブログ
https://www.sakuragitaiyo.com/73171/2018/01/10/200%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%AE%B6%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E5%A3%B0%E3%82%92%E8%81%9E%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/
*******************
?Gg[???ubN}[N??