メンタルと不動産投資





私がかつてサラリーマンだった頃、
メンタルになりかけたことがあります。


正確な診断は受けていませんが、
もしもその時に産業医面談をしたら


おそらくうつ病、と診断され
出勤停止になっていたと思います。


朝、目が覚めると上司の顔が浮かび
常に軽い吐き気をもよおして


通勤途中で駅の階段を踏み外しそうに
なることが度々ありました。


それはちょうど、役職者に昇格した時
でした。


普通は、役職者になる場合
自分の部署で功績が認められ、


そのままマネージャーになるケースが
多いと思うのですが、


私が勤めていた会社では
特にそういうルールはなく


運悪く昇格と同時に全く新しい部署へ
転勤することになりました。


そこで私は当然ながら何も知識がなく
役職者といっても名ばかりで部下もいない
ほとんど新入社員と同じ状況でした。


その上、商品企画という
ゼロから仕事を組み立てる職場で


客観的に見ればいわゆる「花形」
なのですが、初めて配属された者に
とっては苦痛しかありません。


24時間、仕事のことが頭から離れず、
休憩も土日もなく考え続けます。


挙げ句の果てに、企画した商品が
売れるか売れないかは
発売してみなければわかりません。


そんな中で、新しい企画商品について
膨大なデータと考察、そして
まことしやかな仮説をもって


権限をもった偉い人たちに
プレゼンしなければなりませんでした。


仕事の難易度が高いだけならば
前向きに努力できるのですが、


人に冷たい職場だと
精神的にかなりやられます。


挨拶もなく、もちろん褒めることもしない
うまくいって当たり前、
失敗したら他人のせいにする


それぞれが自己保身しか考えず
新しいことには疑いの目を持ち


失言は許されず、言葉の揚げ足をとって
批評・批判・罵倒の嵐。


そんな中で、朝から晩まで情報を集め
専門知識を習得し、ボリュームたっぷりの
資料を、何日もかけてつくります。


そしてようやく企画会議にこぎつけると
一番の裁量権をもったトップが
ほんの5秒ほど書類に目を通し、突然


「俺はこんなことが
聞きたいんじゃねえ!」


といって席を立ってしまい
重要なはずの会議が
そのまま延期になったりします。


周りのメンバーや直属の上司に
相談したくても


みんなが同じような状況に
置かれているため


会議の突然の中止など日常茶飯事だし
次は自分の番だ、
と誰もが怯えていました。


そして何人かは本当にメンタルをやられ
長期間の休職を余儀なくされたり
自主退職する人も何名かいました。


私の会社員生活の中でも
こんなひどい職場は経験したことがなく
毎日が戸惑いの連続でした。


そして、あと1ヶ月もこの状態が続けば
さすがにもうやっていけそうにない、
と思い始めた時


それまでのキャリアを通じて知り合った
たくさんの社外の方々が
本気で私を励ましてくれました。


「それはあなたが悪いんじゃない
職場の人と会社が悪いんだ
あなたは悪くない、私が保証する」


この言葉にどれだけ救われたか
わかりません。


また、このときの相手の本気ぶりを
思うと、私の弱り方も尋常では
なかったのだと思います。


人は、今いる自分の環境がすべてだと
思い込み、


その環境で成長・発展していかないと
自分のことをダメな人間だと
思い込んでしまいがちです。


そんな時こそ、自分を取り巻く環境の
外へ出て、いろんな人の言葉を聞くことが
とても重要だと痛感しました。


客観的な視点、というのは
実は自分の内面を主体的に変えるときこそ
大切なものなのです。


この暗黒の2年間を、私は
社外の人々に支えられたおかげで
乗り越えることができました。


また、この時の苦しい気持ちを
忘れられないからこそ


いつまでもこの会社にいてはいけない
と思い続け、


不動産投資で結果を出すまで
あきらめずに続けてこられたのだと
思います。


サラリーマン時代の苦しい時期には、
客観的に自分を見つめ


大したこと無いじゃないか
と思えるように努めてきました。


それでもまだ辛い時には
その苦しい気持ちの原因が


自分を取り巻く環境にある
ことを認識して


だからこそ、
自分自身が変わらなければならないんだ
と思い続けられると


良い方向にむけて
行動できるのかもしれませんね。





===================
ブログ800号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================






*******************
前号のブログ
米屋の人生と不動産投資
*******************
?Gg[???ubN}[N??